『街とマンションのトレンド情報』をタイムリーに発信します。

記事本数計400本! 100万PV超 
かけがえのない人生に豊かさと自由を
より良き『住まい・社会・未来』

「パークシティ中野 ザ タワー」反響1万件超PJのコンセプトルーム見学

JR東日本 羽田空港アクセス線(仮称)の本格的な工事着手

羽田空港新駅イメージ図 ニュース&トピックス
羽田空港新駅イメージ図

東日本旅客鉄道株式会社は、羽田空港アクセス線(仮称)の本格的な工事に着手したことを発表した。既存の鉄道ネットワークを活用し、多方面からの羽田空港へのダイレクトアクセスを実現。本計画ルートのうち「東山手ルート」における鉄道施設変更認可を 2023 年 1 月 31 日付、「アクセス新線」における工事施行認可を 2023 年 3 月 24 日付で国土交通省より受けた。

工事区間位置図

工事区間位置図

「東山手ルート」および「アクセス新線」を整備することにより、宇都宮線・高崎線・常磐線方面から羽田空港へのダイレクトアクセスが実現。東京駅からは約 18 分で到着することが可能となる。工事の起工式を 6 月に予定。本格的な工事に着手し、2031 年度の開業を目指す。

羽田空港アクセス線(仮称)の構想は、2016 年 4 月の交通政策審議会答申第 198 号「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」において、「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークプロジェクト」に位置付けられ、インバウンド需要のさらなる拡大など、首都空港として重要性が高まる羽田空港の機能強化にも大きく寄与する。

新線の工事概要

新線の工事概要

羽田空港アクセス線(仮称)のうち、今回着手する「東山手ルート」および「アクセス新線」は、現在休止している大汐線の橋りょうや高架橋などの既存ストックを有効活用し、東京駅と羽田空港の直結、宇都宮線・高崎線・常磐線方面からの所要時間短縮や乗換解消・低減など広範なエリアからの空港アクセスを改善する。東京駅から羽田空港へは、現在、鉄道を利用した場合 30 分程度要するところ、乗り換えなく約18 分で到着することが可能となる。

工事区間 起点:港区芝浦一丁目、終点:大田区羽田空港三丁目
工事延長 :約12.4㎞
構造形式 :トンネル(シールドトンネル、開削トンネル)、高架橋、地平、擁壁(掘割)
対象駅(停車駅): 羽田空港新駅(仮称) [駅構造:複線地下式 島式プラットホーム1面2線]
概算工事費 : 約2,800億円
開業予定 :2031年度

 

今後、グローバル化がさらに進み東アジアの国々の経済発展が続けば、羽田空港の利用者が増えるのは間違いない。羽田空港アクセスが向上する東京駅や田町駅はもちろん、直通アクセスできるようになる高崎線の赤羽駅や常磐線の北千住駅の利便性は、さらに高まるだろう。