住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計119本! 10万PV超 世界を広げ知識を深め理想の住まいを実現しよう‼

好調「パークシティ柏の葉キャンパス サウスマークタワー」

マーケット情報

マーケット情報

首都圏中古マンション6月 成約数減少価格大きく上昇 理由は? 

新型コロナウィルス感染拡大に伴う移動制限なども解除され、徐々に平静を取り戻しつつあります。首都圏中古マンションの2020年6月度の動向は、成約件数は前年比でマイナスになったものの成約価格は前年より大きく上昇しました。その要因を考えます。
マーケット情報

令和2年第1四半期地価上昇鈍化 5年ぶり下落地点現る

2020年6月19日、国土交通省から主要都市の高度利用地等(全国100 地区)における令和2年1月1日~令和2年4月1日の地価動向(地価ルックレポート)が発表されました。1月以降の新型コロナウイルス感染拡大以降初めての公表。動向を紹介します。
マーケット情報

首都圏中古マンション価格は下がらず 5月は前月比2.3%上昇

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2020年5月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。緊急事態宣言が解除され新型コロナウイルスの感染拡大が日本国内においては収まりつつある中で、前月に比べると市場が落ち着きを取り戻しつつあります。首都圏5月度の中古マンション市場動向を紹介します。
マーケット情報

4月中古市場、成約件数52.6%のダウン、価格も5.8%下落に

2020年4月度の首都圏中古マンション成約件数は前年比マイナス 52.6%の大幅減。減少率は 1990 年 5月の機構発足以降、過去最大となっています。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の影響は、不動産価格へも波及しつつあります。4月の首都圏流通市場について紹介します。
マーケット情報

2019年度中古マンション価格は7年連続上昇し40.5%アップ

公益財団法人東日本不動産流通機構から首都圏における2019年度(2019年4月~2020年3月)の不動産流通市場の動向が報告されました。中古マンションの 成約件数は2年連続で前年度を上回り過去最高を更新。 成約物件平米単価は7年連続で上昇し7年で40.5%上昇に。この1年の動向を紹介します。
マーケット情報

首都圏中古マンション成約件数(3月度)は前年同月比ー11.5%

東日本不動産流通機構発表の2020年3月度の首都圏中古マンション動向によれば、成約件数は昨年同月比11.5%減少の3,642件。新型コロナウィルス感染者の急拡大が始まって以降、中古マンションの売れ行きが出始めています。今後の動向を考えます。
コラム&インタビュー

新型コロナウィルスが不動産市場に及ぼす影響 

新型コロナウィルスの感染が急拡大しています。2020年4月1日、東京都では新たな感染者が66人発生。都内の感染者数は586人になり、感染経路の分からない患者数が増加傾向にあり感染爆発が危惧されています。新型コロナウィルス感染拡大の不動産市場への影響を考えます。
マーケット情報

2019年度上半期の首都圏マンション市場 好調物件の傾向は?

不動産経済研究所発表の2019年上半期の首都圏マンション市場動向によれば、2019年上半期の供給戸数は、前年同期比21.7%減少の11,996戸。大幅に供給戸数が減少しています。また、契約率は0.6ポイントダウンの64.6%と3年連続で70%割れとなっています。首都圏のマンション市場を振り返ります。
マーケット情報

令和元年都道府県地価調査 商業地上昇率トップは浅草公会堂近く

平成31年基準地価が国土交通省から発表されました。前年比で、0.4%の上昇となり三大都市圏以外の地方圏の商業地が1991年以来28年ぶりに上昇。地価の回復傾向が全国的に拡がっています。首都圏の商業地上昇率トップは、浅草。現地を訪ねながらその要因をレポートします。
マーケット情報

2019年8月の中古マンション成約件数は、前年比12.2%の増加

不動産経済研究所発表の「首都圏のマンション市場動向」によれば、2019年8月の新築マンションの発売戸数は、「HARUMI FLAG」の供給もあり1,819戸で前年同月比21.1%増加となっています。2019年8月の首都圏マンション市場を振り返ります。