住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計255本!40万PV超 
私らしい日常 満足の住まい 思い描く未来

人気再燃?「HARUMI FLAG」が販売再開 4,900万円台~

マーケット情報

マーケット情報

新築マンション2021年上半期供給は、77.3%増13,277戸

新築マンションの売れ行きが好調です。不動産経済研究所が発表した2021年上半期の「首都圏 新築マンション市場動向」によれば、2021年上半期の首都圏新築マンションの供給戸数は、昨年同期比77.3%増加の13,277戸。上半期の増加は、3年ぶりです。直近の首都圏マンション動向を紹介します。
マーケット情報

首都圏マンション市場2021年5月度 新築供給は対前年556%増

緊急事態宣言が、2021年6月20日に沖縄県を除く各都道府県で解除されました。2021年5月度の首都圏マンション市場は、緊急事態宣言下であったにも関わらず好調が続きます。直近の2021年5月度の中古・新築の動向を紹介します。
マーケット情報

2021年3月度首都圏流通市場、過去最高の中古マンション成約件数

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2021年3月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。中古マンションの成約件数は前年同月比16.1%増加の4,228件となっています。これは、1990年5月の機構発足以来最高の成約件数です。マーケットの動向を紹介します。
マーケット情報

首都圏中古マンション令和3年2月成約数、前年比減少も価格は上昇

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2021年2月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。不動産経済研究所発表の首都圏新築マンション市場動向とあわせて紹介します。
マーケット情報

首都圏トップは野村不動産 2020年新築マンション供給ランキング

不動産経済研究所発表の「全国マンション市場動向 2020年のまとめ」によれば、 2020年に全国で発売された新築マンションの供給戸数は、対前年比15. 2%減の5万9, 907戸に。コロナ禍の影響もあり1976年以来の低水準になりました。全国の平均価格は、前年比3.8%アップの4, 971万円。4年連続で最高値を更新しています。発表された2020年のマンション供給動向を紹介します。
マーケット情報

2021年1月度首都圏中古マンション成約数は、昨対比29.9%増

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2021年1月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。中古マンションの成約件数は前年同月比29.9%増加の3,480件となっています。2021年1月度の中古マンション動向を紹介します。
マーケット情報

2020年首都圏マンション供給は、12.8%減少の2万7228戸

不動産経済研究所発表の首都圏マンション市場動向-2020年のまとめ-によれば、年間供給戸数は前年比-12.8%の2万7228戸。コロナ禍の中において1992年以来の3万戸割れの供給戸数となりました。2020年の首都圏マンションデータを紹介します。
マーケット情報

2020年12月度中古マンション成約数が9.9%減少も価格は上昇

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2020年12月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。中古マンションの成約件数は前年同月比9.9%減少も成約平米単価は前年同月比で4.8%上昇。直近の首都圏中古マンション動向を紹介します。
マーケット情報

2021年首都圏新築マンション供給戸数は、3.2万戸に回復見込み

不動産経済研究所発表の『首都圏・近畿圏マンション市場予測 2021年の供給予測』によれば、2020年の新築マンション供給戸数は、前年比21.9%減少の2.44万戸。緊急事態宣言の下での営業自粛が響き下半期に回復したものの大幅減となりました。2021年の供給予測を紹介します。
マーケット情報

2020年11月度中古マンション好調継続 在庫減でバブル懸念は?

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2020年11月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。中古マンションの成約件数は11月としては機構発足以来最大の前年同月比14%アップの3,620件となっています。11月の中古市場動向を紹介します。