住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計170本! 10万PV超 世界を広げ知識を深め理想の暮らしを実現しよう‼

「ザ・パークハウス 横浜新子安フロント」デッキ直結徒歩3分

2020年8月度の中古マンション成約件数は、対前年比+18.2%

「サザンスカイタワーレジデンス」の外観 マーケット情報
「サザンスカイタワーレジデンス」の外観

8月度成約件数は、対前年比+18.2%増加 平米単価は、1.8%上昇

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2020年8月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。成約件数は前年比で18.2%の大幅上昇になっています。

2020年7月度の首都圏中古マンション成約件数は3,053件で、前年比+18.2%と大きく上昇。8 月としては 1990 年 5 月の機構発足以降、過去最高の値となっています。成約㎡単価は、前年同月比1.8%上昇の54.85万円となっており4ヵ月連続で前年同月を上回りました。

首都圏 中古マンション件数の推移(出典 東日本不動産流通機構 月例速報)

首都圏 中古マンション件数の推移(出典 東日本不動産流通機構 月例速報)

また、首都圏の平均成約価格は、前年同月比5.3%上昇の3,644万円。平均成約平米単価も54.85万円で+1.8%の上昇です。成約平米単価は、すべての地域が前年比で上昇。

東京都区部は 79.60 万円と前年比で 1.6%上昇、多摩は 42.16 万円と前年比で 6.1%上昇し、双方とも 4 ヶ月連続で前年同月を上回りました。

神奈川では、横浜・川崎市は 49.09 万円と前年比で 2.9%上昇し、3 ヶ月連続で前年同月を上回り、神奈川県他は 34.22 万円と前年比で 8.9%上昇し、4 ヶ月連続で前年同月を上回りました。

埼玉県は32.91万円と前年比で2.5%上昇し、3ヶ月連続で前年同月を上回り、千葉県は28.84
万円と前年比で 3.7%上昇ししました。

首都圏 中古マンション平米単価の推移 (出典 東日本不動産流通機構 月例速報)

首都圏 中古マンション平米単価の推移 (出典 東日本不動産流通機構 月例速報)

成約件数は、一都3県すべてが10%以上対前年同月比で上昇。神奈川県(27.0%)、埼玉県(23.4%)は、20%を超える大幅上昇です。

多くのエリアで成約件数が対前年比で大幅にプラスになっている中で、都心3区(港区、中央区、千代田区)は、対前年同月比マイナス5.4%の159件の成約件数。成約平米単価は上昇しているものの動きは依然として鈍いようです。

中古戸建も好調 売物件の減少が続き中古MS在庫は、前年同月比11.3%減少

成約件数が大幅に伸びる一方で、新規の売物件は減少傾向が続いています。8月の首都圏新規登録件数は、14,069件となっており前年同月比―13.3%となっています。8月末時点の在庫件数は、42,731件で1年前と比べ11.3%減少しています。

景況感は、依然として厳しい状況が続いていますが、持続化給付金や家賃支援策など様々な経済対策が投入されており、金融機関も返済の条件変更など政府の後押しもあり柔軟に対応。住み替えなどの様子見もあり売物件が減少傾向にあります。

中古マンションの再販業者の仕入れも厳しくなっており、一部では購入価格を引き上げる動きもでています。需給が逼迫するエリアも出てくるかもしれません。

また、一戸建ての売れ行きも堅調です。 8月の首都圏における中古戸建住宅の成約件数は 1,175 件で前年比プラス 21.8%の大幅増。こちらも8 月としては 1990 年 5 月の機構発足以降、過去最高の成約件数です。価格も堅調で、成約価格 は、対前年同月比+6.1% の3,216万円。新規登録価格( +4.3% )、在庫価格( +1.0% )も上昇しています。

緊急事態宣言明けの需要増が続く首都圏中古マンション・戸建てマーケット。新築マンションの好調物件も目立ちます。在庫も減少している情勢を踏まえると、当面は堅調に推移するのではと推察されます。

新型コロナウィルスの影響で住み替えが今後減るなら中古の売り出しは当面増えないかもしれません。中古マンション購入を検討している方は、その点を踏まえ新築マンションも見比べつつ探してみてはいかがでしょうか。

 

【編集後記】

「中古マンションと新築マンションとどちらが得」というテーマを目にします。マーケットとは、上手くできているもので、新築価格が割安感が出てくると中古マンション価格が下がり、新築価格が割高感が出てくると中古マンションが人気になって相場が上がったりします。

そして、その相場観もエリアごとに異なります。また、郊外エリアであれば一戸建てマーケットとマンションマーケットも影響しあいます。かつて、大規模マンション「プラウド船橋」が供給されていた時期に、近隣エリアの新築戸建ての在庫が多く価格もリーズナブルで驚きました。

中古と新築のどちらが買いやすいかは、タイミングで変わってくるもの。納得感ある購入のためには、比較検討することが大切だと思います。