住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計179本! 20万PV超 世界を広げ知識を深め理想の暮らしを実現しよう‼

石神井川の桜並木と公園隣接「アトラス加賀」が完売

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」モデルルームで広さ実感

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の完成予想模型 マンション探訪記
「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の完成予想模型

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」(三菱地所レジデンス 近鉄不動産)が注目を集めています。2020年9月末時点で資料請求件数は3,800件超、予約制の事前案内会は既に約600組の方が来場しています。

新浦安では、10年ぶりの総戸数500戸超の大規模レジデンス。敷地面積47,000㎡超のゆとりのランドスケープ。現地とモデルルームを探訪し、その魅力を探ります。(2020年10月1日初回掲載)

敷地面積47,000㎡超全528邸 街が広い、海が広い、敷地が広い、空が広い

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の建設地(2020年9月29日撮影)

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の建設地(2020年9月29日撮影)

2020年8月から始まった「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の事前案内会はとても盛況で、密を避けながら5週間で約600組(2020年9月30日時点)の来場。資料請求件数も3800件を超えています。中規模の先行物件もあった中で、これだけ人気を集めているのは海に近い立地にあるようです。

東京湾を抱く新浦安では、リゾート性豊かな海に近いエリアの人気が高い。「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の立地は、高州海浜公園や浦安市総合公園が近い開放的な場所。そして、敷地面積47,000㎡超、総戸数528戸のスケール。500戸を超える規模のマンションの分譲は、新浦安エリアでは10年ぶりで高州海浜公園の高台から見た敷地は、とても広さを感じます。

高州海浜公園からの景色

高州海浜公園からの景色

近くの高州海浜公園には、遊具も置かれ平日でも子供たちが遊ぶ姿も。海岸沿いは、釣りのスポットとしても知られており、多く人が海釣りを楽しんでいました。

釣り人に尋ねると「サヨリが釣れるんだよ」とのこと。ウキをつけて水面に近いところを狙うとのこと。多くの人が釣りを楽しんでいて「東京」に近い街とは思えない長閑な光景です。

高州海浜公園からの東京湾の景色

高州海浜公園からの東京湾の景色

近くには、「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」あり、ホテルのレストランでの食事も可能。浦安市総合公園には、デイキャンプ場やカフェ、BBQなどもありリゾートライフを身近な場所で満喫できそうです。

現地の詳細レポートは、コチラ ↓

平均専有約96平米「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」に注目

 

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の完成予想模型

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の完成予想模型

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の立地は、南西・南東道路の角地で境川が東側に流れる新浦安の中でも開放的なロケーション。建物は低層4階建てですが南方面の上層階からは東京湾を望めまさにベイフロント立地です。

敷地面積約47000㎡の広大地に、全15棟528戸。空地率を約54%確保し、低層4階建てのため空が十分広く感じられます。ランドスケープのコンセプトは、暮らすリゾート。リゾートを演出する特徴的な外構部や共用施設が整っています。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の完成予想模型

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の完成予想模型

低層マンションの強みでもある広い屋上スペースを活用し太陽光発電を採用。「ザ・パークハウス」シリーズ初となるZEH-M(ゼッチ・マンション)Ready採用。断熱性能と太陽光発電の創エネ+オール電化のメリットにより年間光熱費を大きく削減します。

本プロジェクトで採用された、太陽光でお湯を沸かすZEH-Mスキーム [ソレイユ]は、2020年のグッドデザイン賞を受賞しています。

街区は、南東側のテラスプラザ、ベイプラザと緑の小径ヴィラプロムナードに面したサニープラザ、カームプラザの4街区で構成。テラスプラザ・ベイプラザが第一工区となり完成予定日が2021年11月上旬、入居予定日が2022年1月下旬。サニープラザ・カームプラザが第二工区となり完成予定日が2022年9月上旬、入居(予定)日が2022年11月上旬となっています。

低層ヴィラの外構に植栽を十分配し、ヴィラハウス、アネックスハウスの共用棟には、多彩な共用施設が用意されています。

共用部の空間づくりには、The SAZABY LEAGUE や「TSUTAYA」「ボーネルンド」「ビアンキ」などが参画。「ヴィラハウス(ブックカフェ)」では、コーヒーや軽食も楽しめます。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のプレゼンテーション

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のプレゼンテーション

さらに、キッズルームやコ・ワーキングラウンジなども用意。ヴィラホールではレンタルサービスでビアンキのロードバイクやバーベキューグッズのレンタルも可能です。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のプレゼンテーション

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のプレゼンテーション

また、アネックスハウスには、ヴィラスイート(ゲストルーム)、フィットネススタジオ、パーティーリビングなどを用意。フィットネススタジオからは遊歩道の緑を楽しめます。

敷地各所に植えられた植栽は、住戸からの借景にもなります。日々の生活や部屋の中からリゾートを感じながら暮らせるのは、「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の大きな魅力ではないでしょうか。

平均専有面積約96㎡のゆとり マンションの1階住戸には専用テラス付き

15棟の構成だけに間取りは、全145タイプと選択肢が豊富。平均専有面積は、96㎡超。全体の専有面積は、74.84㎡~147.76㎡、間取りは2LDK~4LDKです。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の完成予想模型

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」の完成予想模型

間取りの特徴は、低層4階建てなので1階住戸が多いこと(1階住戸はすべてテラス付き)。専用駐車場付きのタイプや南東側住戸のルーフテラス付きなども用意されています。テラス付きの1階住戸などは、戸建てを検討している方にも魅力的かもしれません。

モデルルームは、専有面積/123.04㎡のB123aタイプなど3タイプ用意されています。12mの高さ規制があるためリビング・ダイニングの天井高は約2.45mですが低層マンションだけに梁や柱型が小さくスッキリした空間に仕上がっています。

下の写真は、専有面積/123.04㎡のB123aタイプ(プレミアム)の4階住戸のリビング・ダイニングの写真。約2.2mの高さのハイサッシ採用でセンターオープン。とても開放的な景色が広がります。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のB123aタイプ 専有面積/123.04㎡

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のB123aタイプ モデルルーム 専有面積/123.04㎡

バルコニーの奥行きも最大約2.5m確保。着地性が高く4階からの景色をバルコニーから楽しめる配慮がなされています。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のB123aタイプ 専有面積/123.04㎡

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のB123aタイプ モデルルーム 専有面積/123.04㎡

リビングダイニングの広さは、約19.5畳。低層4階建てで工期が速いためメニュープランはありませんが、洋室に可動間仕切りを採用するなど広々と利用できるようにプランニングされています。専有面積の広い既存マンションが多い新浦安ならではのプランニングです。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のB123aタイプ 専有面積/123.04㎡

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のB123aタイプ モデルルーム 専有面積/123.04㎡

同タイプの浴室は、広々した1822サイズ。シェル型浴槽を採用しヘッドシャワーもこのタイプは用意されています。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のB123aタイプ 専有面積/123.04㎡

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のB123aタイプ モデルルーム 専有面積/123.04㎡

そして、豊富な収納量もプランニングの特徴です。このタイプは、居室全てにウォークインクローゼットがあり廊下には物入が2箇所、シューズインクロークは約1.7畳あります。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のB123aタイプ 専有面積/123.04㎡

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のB123aタイプ モデルルーム 専有面積/123.04㎡

4LDKの間取りの全居室約6畳以上を確保。間取りも凹凸が少なく使いやすい。ゆとりの暮らしが叶う住空間です。

全タイプ7畳以上の洋室を用意 ワークカウンター付のプランも

もう一つのモデルルームは、専有面積/107.36㎡のT107aタイプ(スーペリア)。こちらもワイドなリビングでキッチンカウンターが縦型で使いやすそうです。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のT107aタイプ 専有面積/107.36㎡

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のT107aタイプモデルルーム 専有面積/107.36㎡

キッチンの横にワークカウンターを配置。「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」では、こうしたワークカウンターのある間取りを他にも用意しています。

引戸で洗面室にアクセスでき浴室の手前に脱衣室を別途設けています。これなら、家族が多くても使いやすそうです。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のT107aタイプ 専有面積/107.36㎡

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のT107aタイプ 専有面積/107.36㎡

主寝室の洋室は、約9畳大の広さ。「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」では、全戸主寝室の広さは、約7畳以上確保しており専有面積が広い特性を上手くプランニングに反映しています。

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のT107aタイプ 専有面積/107.36㎡

「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」のT107aタイプモデルルーム 専有面積/107.36㎡

収納にも配慮しており、ウォークインクローゼットが2つ以上ついているプランが全体の89.7%。納戸付きのプランが91.6%。80㎡以上の住戸の浴室は、1620以上のサイズです。

設備・仕様は、ディスポーザーと食器洗い乾燥機を標準装備。IHクッキングヒーター、トイレ手洗いカウンターも装備されています。また、省エネ・高効率設備として5面断熱を導入。複層ガラスや保温浴槽、節水型トイレなども設置されています。

また、可動ルーバー面格子も採用。低層ヴィラで採りこみやすい風通しをプライバシーを守りつつ確保できます。さらに、セコムと共同開発した独自のマンションセキュリティシステム「LIFE EYE’Sセコムシステム」を導入。全住戸の玄関ドアと窓(FIXを除く)に開閉センサーが設置されています。

駐車場は、平置き中心に100%分用意。敷地内の外構・車路を対象に液状化対策も実施されています。

価格は、未定ですが坪単価200万円台前半の想定と思われます。面積バリエーションや住戸バリエーションも豊富なので幅広い価格帯の住戸が検討できそうです。

ウィズコロナな生活様式が求められる今、「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」は、「東京」駅など都心方面の高いアクセス性を誇りながら、広い街区で海や公園が近くそして空も広い。多彩な共用施設と広い専有部は、まさにテレワーク向きともいえるでしょう。

また、低層4階であることは、エレベーターを使わなくとも上下階の往来ができ外へも出かけやすい。100%駐車場があるので、舞浜や葛西臨海公園といったレジャースポットにも気軽にアクセスできます。憩いのスポットが身近にありフラットな街はアクティブなシニアも生活しやすい。

ライフステージが変化しても対応しやすいゆとりの広さとZEH-M(ゼッチ・マンション)Ready採用の経済性も魅力で、注目度の高さは此処での暮らしの期待の表れだと思います。

 

【編集後記】

モデルルームが閉鎖している9月28日に取材をさせていただきました。行きのタクシーで話を伺うと毎週末、かなりのお客様が利用しているとのこと。街のことに話を向けると、遊技場などの施設がなく住みやすいとのこと。住中心の街で、他からの来街者が少なく住環境が守られてるのを改めて実感しました。

ファミリー中心の街だけに、地域に根付く家族が多いのも良さです。反響者に3人家族や4人家族が多いとのことで、子育て環境にも魅力を感じている人が多いのでしょう。ライフスタイルを充実させたいファミリーの方に見学をお薦めしたいマンションです。

現地の詳細レポートは、コチラ ↓

平均専有約96平米「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」に注目

「ザ・パークハウス新浦安マリンヴィラ」物件概要
所在地:千葉県浦安市高洲6丁目14番1(地番)
交通:JR京葉線・武蔵野線「新浦安」駅より18系統バス13分「高洲海浜公園」バス停下車徒歩1分。
総戸数 :528戸(テラスプラザ:101戸、ベイプラザ:133戸、サニープラザ:168戸、 カームプラザ:126戸)
敷地面積:47,199.40平米(売買対象面積)
構造・規模:鉄筋コンクリート造地上4階建 ほか
間取り:2LDK~4LDK  専有面積:74.84㎡~147.76㎡
竣工予定:I工区 2021年11月下旬、II工区 2022年9月上旬
引渡予定:I工区 2022年1月下旬、II工区 2022年11月下旬
売主:三菱地所レジデンス株式会社、近鉄不動産株式会社
設計・施工:株式会社長谷工コーポレーション

※詳細は、公式ホームページをご確認ください。

(2020年11月20日 第1期販売概要追記)
ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ(第1工区) テラスプラザ・ベイプラザ 第1期概要(HPより参考情報)
総戸数:234戸
販売戸数:130戸
販売価格:5,148万円~9,998万円
最多価格帯:6,900万円台(15戸)(100万円単位)
間取り:2LDK+S(納戸)~4LDK
専有面積:86.09m2~126.67m2
登録受付期間:(第1工区) テラスプラザ・ベイプラザ【第1期】2020年11月21日(土)10:00~2020年11月29日(日)12:00
抽選日:2020年11月29日(日)14:00~
管理費(月額):19,820円~29,650円(月額)
修繕積立金(月額) :棟別修繕積立金(月額)/6,030円~8,870円、団地修繕積立金(月額)/2,590円~3,800円

ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ(第2工区)サニープラザ・カームプラザ 第1期概要(HPより参考情報)
総戸数:294戸
販売戸数:6戸
販売価格:7,348万円~9,728万円
間取り:3LDK
専有面積:125.55m2~147.76m2
登録受付期間:(第1工区) サニープラザ・カームプラザ【第1期】2020年11月21日(土)10:00~2020年11月29日(日)12:00
抽選日:2020年11月29日(日)14:00~
管理費(月額):27,000円~31,780円(月額)
修繕積立金(月額):棟別修繕積立金(月額)/8,790円~10,350円、団地修繕積立金(月額)/3,770円~4,440円

※上記は参考情報です。詳細は、公式ホームページをご確認ください。