住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計170本! 10万PV超 世界を広げ知識を深め理想の暮らしを実現しよう‼

「ザ・パークハウス 横浜新子安フロント」デッキ直結徒歩3分

学芸大学駅徒歩5分 全戸100㎡超「ディアナガーデン鷹番」に注目

「ディアナガーデン鷹番」と目黒区鷹番の街並み マンション探訪記
「ディアナガーデン鷹番」と目黒区鷹番の街並み

「ディアナガーデン鷹番」は、目黒区鷹番3丁目に誕生する地上6階建て地下1階建て全14邸の中層レジデンス。東急東横線「学芸大学」駅徒歩5分の駅から近いロケーションでありながら第一種中高層住居専用地域に立地する住環境の良好な立地。全住戸100㎡超のゆとりの広さを確保し竣工前でありながら売れ行きは堅調。現地を訪ねてその概要を紹介します。

駅徒歩5分 目黒区鷹番アドレスの第一種中高層住居専用地域に立地

東急東横線「学芸大学」駅

東急東横線「学芸大学」駅

「ディアナガーデン鷹番」の建つ東京都目黒区鷹番界隈は、八代将軍徳川吉宗公が鷹狩りを楽しんだ場所として知られます。現在は、第一種低層住居専用地域が広がる住宅街となり近くには碑文谷公園や碑文谷体育館テニスコートなどがあり開放的でかつレジャースポットが身近にある場所です。

「学芸大学」駅を出ると商店街が連なります。目黒区の都市計画図を見ると、「学芸大学」駅周辺の限られた地域が商業地域に指定されており、駒沢通りや目黒通りに続く場所が近隣商業地域に指定されています。

碑文谷公園は、第一種低層住居専用地域に位置し、「ディアナガーデン鷹番」の街路を挟んで南側に第一種低層住居専用地域が広がります。

碑文谷テニスコート

碑文谷テニスコート

現地から碑文谷公園方面に歩くと、敷地の広い邸宅が目に付きます。近隣の第一種低層住居専用地域では、高さの最高限度や最低敷地面積が定められており住環境が保全しやすくなっています。また、「ディアナガーデン鷹番」の上層階からは開放的な景色が広がることになります。

碑文谷公園

碑文谷公園

「学芸大学」駅周辺のマンション供給は、過去にも多くありますが、容積率の大きい駒沢通り沿いや目黒通り沿いの供給が目立ちます。住居系エリアでかつ徒歩5分圏というロケーションでの供給は早々出会えないのではないでしょうか。

碑文谷公園

碑文谷公園(左)

学芸大学駅周辺は、同じ目黒区の柿の木坂や八雲などの住宅街と比べて地形がほぼフラットです。ファミリーからシニア層まで幅広いライフステージの方が暮らしやすいロケーションと言えるでしょう。

全戸100㎡超、専有面積104.92㎡~172.49㎡ 駐車場は16台用意

「ディアナガーデン鷹番」の完成予想CG

「ディアナガーデン鷹番」の完成予想CG

「ディアナガーデン鷹番」のプランニングの特徴は、全戸専有面積100㎡以上の全14邸とすることで、邸宅としての価値を高めていることです。

全14邸の専有面積は、104.92㎡~172.49㎡のゆとりの広さ。間取りは、1LDK+S~3LDK。駐車場は、16台用意されています。

Bタイプ間取り図 専有面積135.76㎡

Bタイプ間取り図 専有面積135.76㎡

設計は、邸宅建築の第一線で活躍するアーキテクトデザイナー今井敦氏が率いるアーキサイトメビウス株式会社が担当。天然石とタイルで繊細な表情を持たせ、ガラスの透明感でモダンな印象に。

離れた場所から見ても存在感を放つ高いデザイン性は、ワンフロア最大4住戸で全14邸という自由度の高いプランニング要件が叶えたものでしょう。

建設中の「ディアナガーデン鷹番」

建設中の「ディアナガーデン鷹番」(2020年9月撮影)

間取りは、全戸ワイドスパンで全14タイプ。玄関スペースを十分確保し広々としたリビングであることが全戸100㎡超のメリットを感じます。

Cタイプ間取り図 専有面積154.23㎡

Cタイプ間取り図 専有面積154.23㎡

これから販売がスタートする第2期販売予定のCタイプ(専有面積154.23㎡)では、リビングダイニングが約32.6畳の広さ。主寝室は11畳、浴室は2024サイズです。

設備仕様は、ディスポーザー、ビルトイン食器洗い乾燥機を標準装備。ハンズフリーシステム「Tebra」キーを採用。ボタンを押すだけで玄関の解錠も可能です。

風除室、エントランス、住戸玄関前の三重のセキュリティ。カラーモニター付きインターホンで来訪者を音声・画像で確認の上、解錠します。

「ディアナガーデン鷹番」全体物件概要 (参考データ)
所在地:東京都目黒区鷹番3丁目100番2、103番1(地名地番)
交通:東急東横線「学芸大学」駅徒歩5分
地域・地区:第一種中高層住居専用地域
敷地面積:818.46m²(実測面積)※道路後退部分59.35m²除く
建築面積:565.60m²
構造・規模:鉄筋コンクリート造地上6階・地下1階建(建築基準法上地上5階・地下2階)
総戸数:14戸(他に管理員室1戸)
駐車場:16台
完成予定日:2020年10月上旬(予定)
引渡予定日:2020年11月下旬(予定)
設計・監理:アーキサイトメビウス株式会社
施工:東亜建設工業株式会社東日本建築支店
売主:株式会社モリモト

第二期予告物件概要
販売戸数:未定
販売価格:未定
間取り:3LDK
専有面積:135.76m²・154.23m²
販売予定時期:2020年10月下旬

これから第二期の販売がスタートする予定。建物が竣工する2020年11月以降に棟内モデルルームがオープンする予定です。駅から程近いブランドエリアの全14邸のプライベートレジデンス。今後の動向に注目したいと思います。