住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計170本! 10万PV超 世界を広げ知識を深め理想の暮らしを実現しよう‼

「ザ・パークハウス 横浜新子安フロント」デッキ直結徒歩3分

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」駅直結複合再開発を探訪

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の完成予想模型 マンション探訪記
「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の完成予想模型

相鉄本線「瀬谷」駅で進む商業・公共・住居一体の複合開発「ライブゲート瀬谷」。「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」は、その住居として誕生するマンションです。駅南口から徒歩1分、ペデストリアンデッキで駅に直結する全144邸(非分譲住戸28戸)。駅周辺には、スーパーマーケットなどの買い物施設、小・中学校などの教育施設が既に揃っていて、開発が進めばさらに街の利便性が高まります。2020年9月末時点で総反響数は1000件を超えるなど注目を集めるプロジェクトの魅力をモデルルームを訪ね紹介します。(初回公開日2020年10月13日)

関連記事 瀬谷駅再開発「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」に注目

ペデストリアンデッキで「瀬谷」駅直結 スーパーや公益施設も一体で整備

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の完成予想模型

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の完成予想模型

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の魅力としてまず挙げられるのが、「瀬谷」駅とペデストリアンデッキで結ばれる複合再開発であること。ペデストリアンデッキは、屋根付きなので雨の日も往来がスムーズ。約3000㎡の駅前広場も一体で整備され敷地の南側は、道路が拡幅され電線が地中化されるなど開放的で美しい街並みが形成されます。

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の完成予想模型

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の完成予想模型 屋上テラス(公共施設)も設けられる

「ライブゲート瀬谷」内には、1・2階にスーパーやコンビニエンスストア、金融機関などの商業店舗、3・4階には瀬谷区民文化センター(仮称)がオープン予定。生活利便施設が整備されるとともに芸術・文化とふれあえる場がつくられます。

駅前立地の拠点性に加え、建物内に商業・公益施設が整うことで、より便利で快適な暮らしが実現します。また、敷地は相鉄本線線路の南側に位置しますが、「ライブゲート瀬谷」の施設部分が北側に位置するため一定の目隠しの効果も得られます。

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の完成予想模型

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の完成予想模型

建物は、10階建てで3階~10階部分が住居になります。1・2階の業務施設の階高が高いので3階部分(約11.4m)でも通常のマンションの3階よりも高い位置になります。住居の魅力は、開放感のある全戸南向きであること。南側の街区は20mの高さ規制(現時点)があり、かつ隣接街区と建物の距離は約16m。「瀬谷」駅の標高は約60mで周辺はほぼフラット、中層階でも開放的な景色が広がります。

 

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のモデルルームのプレゼンテーション(10階相当の景色)

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のモデルルームのプレゼンテーション(10階相当の景色)

線路南側の駅前立地で東西にワイドな敷地形状だからこそ実現できた開放的な住戸プランニング。建物の外観は、シルクをモチーフに凹凸の陰影でしなやかな光沢を表現。駅前のランドマークにふさわしい上質感のあるデザインになっています。

共用部は、カフェや書斎として寛げるエントランスラウンジ、3階の屋上テラスを望む場所にコミュニティルームを設置。また、各階に「ゴミステーション」を設置するなど家事負担を軽減する施設も用意。エレベーターは、東西にワイドな建物形状に配慮し、東側に2基、西側に1基の3基を設置することで暮らしやすい生活動線を確保しています。

「ライオンズマイボックス」の展示

「ライオンズマイボックス」の展示

また、すべての居住者がいつでも受取可能な各住戸専用の「ライオンズマイボックス」を採用。メールボックスと宅配ボックスを一体化しており一度の認証で同時の取り出しが可能。大型荷物用には、共用ボックスも用意されています。

セキュリティーは、エントランス、エレベーターホールなど、住戸玄関、住戸内の4重のセキュリティ「クワッドロックシステム」を採用。ラクセスキーでエントランスドアの出入りもスムーズです。マンション屋上には、太陽光パネルを設置し共用部の電力として利用するほか非常時には電源として利用することも可能です。

パッシブデザイン採用の居心地よい専有部 機能的なキッチンや収納も魅力

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のモデルルーム

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のモデルルーム

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の専有面積は、52.39㎡~81.06㎡、間取りは1LDK+S~4LDKの多彩なプランニング。面積バリエーションも幅広い構成です。

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のAタイプ 専有面積75㎡の間取り図 南向き

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のAタイプ 専有面積75㎡の間取り図 南向き

専有部の特徴は、風を採りこむパッシブデザインを採用している点。通気機能付玄関ドアや可動ルーバー面格子を採用。通気ルーバー付き扉、自然換気ストッパー付サッシ、グリーンカーテン用フックを採用。サッシや窓は、すべて高い遮熱効果のあるエコガラスです。

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のモデルルーム

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のモデルルーム

モデルルームは、南西の角部屋Aタイプ専有面積75.00㎡をベースにしたモデルルームプラン(3LDK→2LDK)。玄関まわりを見るとプランニングがしっかりしていることに気づきます。バルコニー側だけでなく、外廊下側も柱型が出ているダブルアウトフレームの間取りになっています。

平面図を見るとほとんどのタイプがバルコニー側も柱型が出ていてアルコーブスペースがありプライバシーにも配慮。玄関ドアのスリット状の換気口だけでなく、可動ルーバー面格子なので人の気配を気にせずに空気の流れをつくります。

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のモデルルーム

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のモデルルーム

機能的な設備も「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」の魅力。キッチンの天板には、天然石を採用。ディスポーザー、食器洗い乾燥機、ユーティリティーEシンクなど家事負担を軽減する設備も充実しています。

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のモデルルームのプレゼンテーション

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」のモデルルームのプレゼンテーション

ボウルとカウンター一体の手入れしやすく使いやすい洗面化粧台、靴などを自在に収納できるマルチエントクローク、ウォークインクローゼットなど収納も充実しています。スッキリとした空間の間取りと機能的な設備仕様で高い居住性が期待できそうです。

2020年7月上旬のプロジェクト発表以降、既に1000件を超える反響も集め(2020年10月4日時点)事前案内会の集客も1カ月足らずで約200組と好調。第一期の販売に向けて順調な滑り出しです。2022年度下期には、相鉄・東急直通線も開業予定で拠点性もさらに高まる「瀬谷」駅前の複合再開発プロジェクト。注目が集まるのも当然かもしれません。

 

「ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア」物件概要
(2020年10月13日時点)
所在地:神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷4丁目4番10他(地番)
交通:相鉄本線「瀬谷」駅下車徒歩1分
用途地域:近隣商業地域
敷地面積:5554.49m²
規模・構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造・鉄骨造、地下1階、地上10階建て、共同住
総戸数 144戸(住戸、非分譲住戸28戸含む)、他に店舗7戸、公共施設
販売戸数:未定
専有床面積:52.39m²~81.06m²
間取り:1LDK+S~4LDK
販売価格:未定
販売予定時期:2020年10月中旬
竣工日:2021年9月8日(予定)
入居開始日:2021年9月15日(予定)
設計:株式会社アール・アイ・エー
施工:戸田建設株式会社
売主:株式会社 大京
※物件概要の詳細は、公式ホームページでご確認ください。

【ライオンズ横濱瀬谷ステーションスクエア第1期販売概要】(2020年10月23日 追記)
販売戸数 /45戸
専有床面積/52.39m²~81.06m²
間取り/1LDK+S~4LDK
販売価格/4,510万円(2戸)~7,620万円(1戸)
最多販売価格帯/5,600万円台(10戸)
販売スケジュール/10月24日(土)より 第1期登録受付開始
登録受付期間/2020年10月24日(土)~2020年10月25日(日)
※上記は参考情報です。詳細は公式ホームページ等でご確認ください。