『街とマンションのトレンド情報』をタイムリーに発信します。

記事本数計400本! 100万PV超 
かけがえのない人生に豊かさと自由を
より良き『住まい・社会・未来』

『リビオシティ文京小石川』ゲストサロン探訪

住宅・商業一体の大規模複合開発「シティタワーズ板橋大山」第一期登録開始

マンション探訪記
「シティタワーズ板橋大山」の建設風景(2024年6月 筆者撮影)

東京都板橋区大山町にて開発が進められている地上26階建てのツインタワーマンション「シティタワーズ大山サウスタワー」(総戸数239戸)の第一期販売登録が2024年6月17日よりスタートする。建設中の現地とモデルルームを訪ねその特徴を紹介したい。

 

「シティタワーズ板橋大山」は、2023年11月のHP開設以来、3000件超の反響を集めるなど注目度の高いプロジェクト。オンライン見学会の参加者は、約500組でモデルルームの見学者も約300件となっている。 サウスタワーの第1期の販売戸数は、27戸。販売価格は、9,400万円~15,900万円で、最多価格帯は、12,000万円台(各8戸)・13,000万円台(各8戸)(1,000万円単位)。見晴らしの良い18階から21階の住戸を販売する。第1期住戸の販売坪単価は、約650万円程度となる。

「シティタワーズ板橋大山サウスタワー」外観イメージ(出典 公式HP)

「シティタワーズ板橋大山サウスタワー」外観イメージ(出典 公式HP)

東武東上線「大山」駅より徒歩3分 大山町クロスポイント周辺地区の再開発

再開発街区完成イメージ(出典 公式HP)

再開発街区完成イメージ(出典 公式HP)

現在、大山駅周辺では、「大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業」をはじめ都市計画道路の整備や、東武東上線「大山」駅周辺の連続立体交差事業、駅前広場事業などが計画されている。都市計画道路の整備では、歩車分離や電線類の地中化などによるメインストリートの誕生。「大山」駅周辺では、鉄道高架化によって渋滞緩和や踏切事故の解消につながる。

ハッピーロード大山商店街のアーケード(2024年6月 筆者撮影)

ハッピーロード大山商店街のアーケード(2024年6月 筆者撮影)

「シティタワーズ板橋大山」は、板橋区を代表する2つの商店街「ハッピーロード大山商店街」、「遊座大山商店街」の徒歩圏に立地。スーパーなど多彩なお店が並ぶ生活利便性の高い場所だ。開発によって、歩道上空地を設けることで歩行上の安全性を高めるとともに低層階に大型店舗区画を設けることで賑わいを創出。新たな憩いの広場「フォレストパーク」を設け緑化にも取り組む。

今回販売が始まるサウスタワーは、戸数規模が大きく共用施設が充実していることも特徴。2層吹き抜けのグランドエントランスホール、パーティールームや屋上テラス、テレワークスペースも用意している。ホテルライクな内廊下設計で、24時間有人管理体制。防犯性やプライバシーに配慮したつくりにも注目だ。

「シティタワーズ板橋大山」のモデルルームの洋室とリビング(2024年6月 筆者撮影)

「シティタワーズ板橋大山」のモデルルームの洋室とリビング(2024年6月 筆者撮影)

住戸は、ファミリータイプ中心で53.27㎡~72.01㎡の住戸を用意。フレキシブルな間取りを提案することでライフスタイルに合わせて暮らすことが可能だ。天井高は、最大約2600mmとし空間の広がりを感じるつくり。モデルルームを見れば、居住快適性が実感できるだろう。

 

「シティタワーズ板橋大山」のモデルルームのリビング(2024年6月 筆者撮影)

「シティタワーズ板橋大山」のモデルルームのリビング(2024年6月 筆者撮影)

 

「シティタワーズ板橋大山」の位置する大山駅は、南方面に池袋や新宿の高層建物群を望むロケーション。上層階からは、開放的なビューも期待できる。具体的な購入検討者のうち年齢別では、40代が36%と最も多く、50代、60代がそれぞれ24%と続き比較的年齢層が高めなのが検討者の特徴。職業別では、会社員が48%を占め経営者・役員の36%を上回る。居住地別では、板橋区が40%と高く次いで東京23区が44%と東京都内からの検討が多いのも特徴。他地域のタワーも並行して見学している人が多く、予算も踏まえて検討しているようだ。

建設中の「シティタワーズ板橋大山」(2024年6月 筆者撮影)

建設中の「シティタワーズ板橋大山」(2024年6月 筆者撮影)

 

今回の販売住戸は、高層階中心のためプロジェクト全体の想定販売価格は500万円台半ば程度が想定されている。住友不動産が池袋で販売している「グランドシティタワー池袋」の販売単価は、30階から40階の住戸で700万円台後半となっており、都心エリアのタワーマンションの価格上昇の影響が池袋駅へ2㎞台と近接する大山駅へも出てきている。最寄り駅「大山」駅の位置する東武東上線は、高架化などによる沿線整備が今後進んでいく。5年後、10年後には、商店街が多く下町イメージのある街の印象も大きく変わっていくのかもしれない。