住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計230本!30万PV超 
私らしい日常 満足の住まい 思い描く未来

新築マンション騰落率ランキング東京23区別各トップ3 一覧表

「シティテラス新小岩」駅3分 全268邸のモデルルームに注目

「シティテラス新小岩」の完成予想模型 マンション探訪記
「シティテラス新小岩」の完成予想模型

「シティテラス新小岩」は、JR総武線快速「新小岩」駅徒歩3分の地に誕生する全268邸の大規模レジデンス。JR総武線とJR総武線快速の両線利用で「秋葉原」駅方面だけでなく「東京」駅へ直通でアクセス。スケールだけでなく、最高約2600㎜の折り上げ天井のリビングなど上質感があります。現地とモデルルームを訪ね、その魅力をレポートします。

《シティテラス新小岩 物件概要》参考情報
所在地:東京都葛飾区新小岩二丁目658番12他(地番)
交通:JR総武・中央線「新小岩」駅から徒歩3分
総戸数:268戸
完成年月:2022年4月下旬予定
入居(引渡)予定日:2022年9月下旬
敷地面積:5,176.04m2
建築面積:2188.07m2
建築延床面積:22,304.5m2
構造・規模:鉄筋コンクリート造  地上15階建
地目:鉄道用地
用途地域:商業地域、第一種住居地域
建ぺい率・容積率:建ぺい率80、60%・容積率400、300%
駐車場総台数:合計106台(単純昇降式105台・身障者用1台)他に来客用1台
自転車置場総台数:378台(ラック式:363、平置:15、サイクルトランク:60区画)
分譲後の権利形態: 建物は区分所有権、土地は共有
管理会社:住友不動産建物サービス株式会社
売主:住友不動産株式会社、株式会社ジェイアール東日本都市開発、日本貨物鉄道株式会社
設計:株式会社長谷工コーポレーション一級建築士事務所
施工:株式会社長谷工コーポレーション

販売スケジュール:2021年3月上旬販売開始予定
販売戸数:未定
販売価格:未定
間取り:2LD・K+S、3LD・K、4LD・K
専有面積:61.01m2~76.59m2(D、Dt、D’、D’tタイプは専有サイクルトランク面積5.00m2含む)

現地案内図

「シティテラス新小岩」の現地案内図

「シティテラス新小岩」の現地案内図

「新小岩」駅徒歩3分の生活利便性 ルミエール商店街を日常使い

新小岩駅前とルミエール商店街

新小岩駅前とルミエール商店街

「シティテラス新小岩」の立地する「新小岩」駅の魅力は、ルミエール商店街を中核とした商業利便性の高さ。全長約420mある商店街には、約140店舗が軒を連ねます。昭和34年に誕生した歴史ある商店街だけに、平日も利用客が多く賑わいがあります。

ルミエール商店街

ルミエール商店街

商店街を歩いて感じるのは、大手のチェーン店だけでなく、地域に根差したお店が多いこと。鮮魚や総菜、和菓子、お米屋さんなど様々なお店が揃っています。

クッターナレストランシティ

クッターナレストランシティ

駅前には、飲食店の入ったビルのほか24時間オープンの西友も立地。大抵の買い物や食事は、地域で済ませられる便利な立地環境です。

新小岩の駅前のマンション群

新小岩の駅前のマンション群

「シティテラス新小岩」の立地は、駅前のマンションが建ち並ぶ一角。敷地面積は、駅前エリアとしてはスケールの大きい5,000㎡超の広さ。西、南、東の3方向が道路に接道しておりJR総武線が北側にある東西にワイドな敷地形状です。

全戸南東向き270邸 階高約3.07m 二重床・二重天井で天井高約2.6m

「シティテラス新小岩」の完成予想模型(東側)

「シティテラス新小岩」の完成予想模型(東側)

「シティテラス新小岩」のプランニングの特徴は、東西にワイドで5000㎡を超える広大な敷地を活かした全戸南東向きのプランニング。商業系用途の多い駅前立地だけに分譲マンションなど高層建物の多いロケーションですが、南側に駐車場と車路を配し採光・通風に配慮したつくりになっています。

もともとJR東日本の研修所などのあった敷地を含めた開発街区。日照条件が厳しい東側に賃貸棟が建設されその隣に「シティテラス新小岩」が建てられます。

「シティテラス新小岩」の完成予想模型(北西側)

「シティテラス新小岩」の完成予想模型(北西側)

車路が東側、歩行者動線が西側でメインエントランスを設けています。エントランスホールは2層吹抜けで上部はデザインウォールを施した上質なつくり。中庭の緑を借景に心地よい空間を演出しています。

地上15階建てのつくりでエレベーターは、3基配置。駐車場は全106台、駐輪場は378台設けています。華美な共用施設を設けていないため現時点では未定ですが管理費などのランニングコストは、リーズナブルな設定になりそうです。

「シティテラス新小岩」の構造模型

「シティテラス新小岩」の構造模型

階高は約3.07m確保しており、二重床・二重天井の構造でリビングの天井高約2.6m。住み心地の良い空間を提案しています。

個別宅配ボックスを全戸に 折上げ天井採用 二重サッシ、ミニシンクも

「シティテラス新小岩」のモデルルームのリビングダイニング

「シティテラス新小岩」のモデルルームのリビングダイニング

「シティテラス新小岩」の専有部の特徴は、専有面積以上の広さを感じるフレキシブルでスッキリしたプランニング。平均専有面積は、約67㎡と都心近郊エリアの駅近マンションとしてはゆったりとしたプラン。モデルルームは、64.31㎡の3部屋ある間取りですが約2.6mの天井高ということもあり広く感じます。

「シティテラス新小岩」のモデルルーム

「シティテラス新小岩」のモデルルーム

全戸に個別宅配ボックスを配置。不在時も荷物が届けられるので利便性が高い。全住戸二重サッシ(内側は樹脂サッシ)採用で防音性に配慮するとともに、可動ルーバー面格子も設置されておりプライバシーも守ります。

「シティテラス新小岩」のモデルルーム

「シティテラス新小岩」のモデルルーム

何といっても魅力的なのが折上げ天井のリビングダイニング。収納できるウォールドアの洋室とも一体で利用でき上質感があります。全室、給気、排気ともに機械換気で行う第一種換気を採用しておりそのダクト部分を踏まえた提案。換気性能を確保するだけでなく、防音性も高めています。

「シティテラス新小岩」のモデルルームのバルコニー

「シティテラス新小岩」のモデルルームのバルコニー

奥行きのあるバルコニーには、ミニシンクを設置。南東向きだけにガーデニングも楽しめそう。リビングからの連続性もありスッキリした居心地の良い空間に仕上がっています。バルコニー側は、柱型が出ないアウトフレーム。外廊下側も柱型の出っ張りが少なく使いやすいプランです。

「シティテラス新小岩」のモデルルーム

「シティテラス新小岩」のモデルルーム

キッチンの天板には、天然石を使い奥行きがあり使いやすそう。食器洗い乾燥機、ブルモーション付き収納、ディスポーザーなど設備スペックも充実しています。納戸にもコンセントがあるなど細やかな配慮も。都心エリアのマンションとも遜色ないほど設備スペックは充実しています。

2020年4月からHPを開設し資料請求件数は約1200件強。事前案内会では既に150組以上の来場件数です。価格は、未定ですが坪300万円は超える模様。亀戸や市川エリアの相場を踏まえると坪300万円台前半あたりと推察します。

販売開始は、現時点(2021年1月12日)で2021年3月上旬予定。通勤利便性が高いエリアで、3LDKが6,000万円台(1千万円単位)で買える可能性のある大規模プロジェクト。モデルルームでぜひ居住性を体感していただきたいマンションです。