住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計212本! 20万PV超 世界を広げ知識を深め理想の暮らしを実現しよう‼

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の人気理由

「パークコート千代田四番町」番町エリア最大敷地の168邸の魅力

「パークコート千代田四番町」の開発地 マンション探訪記
「パークコート千代田四番町」の建設地

「パークコート千代田四番町」は、総武・中央緩行線「市ヶ谷」駅 徒歩5分、東京都千代田区四番町に立地する全168邸の大規模レジデンスです。徳川家康が江戸城を設営した際に、城の西側の守りを固めるために大番組という旗本を置いたことが名前の由来とされる番町界隈。明治以降は、多くの文化人が移り住み落ち着いた住宅街として発展してきました。

「パークコート千代田四番町」の魅力は、番町エリア最大ともいえる約1,388坪の広大な敷地。現地を訪ね敷地が生むメリットを考えます。

《パークコート千代田四番町 第1期1次 物件概要》 参考情報
所在地:東京都千代田区四番町4番6他(地番)
交通:総武・中央緩行線「市ヶ谷」駅 徒歩5分 東京メトロ有楽町線「麹町」 徒歩4分 中央本線「四ツ谷」駅 徒歩8分ほか
総戸数:168戸
販売予定時期:2021年3月上旬販売予定
販売戸数:未定
予定販売価格:未定
予定最多販売価格帯:未定
間取り:1LDK~3LDK
専有面積:35.76㎡~181.23㎡
バルコニー面積:1.54㎡~24.22㎡
価格/未定
敷地面積:4,589.08㎡
建築面積:2,128.34㎡
竣工時期 :2022年9月下旬
入居時期 :2022年11月下旬入居予定
構造・階数:鉄筋コンクリート造地上14階地下1階建
用途地域 :第1種住居地域、商業地域
駐車場:敷地内機械式 88台 敷地内平面 8台他、来客用1台、荷捌き用1台
駐輪場:187台
施工会社:三井住友建設株式会社
管理会社:三井不動産レジデンシャルサービス株式会社
売主:三井不動産レジデンシャル株式会社
※上記概要は参考情報です。詳細は公式ホームページをご確認ください。

「市ヶ谷」駅徒歩5分 「四ツ谷」「麹町」「半蔵門」が徒歩10分圏

JR総武線「市ヶ谷」駅前

JR総武線「市ヶ谷」駅前

「パークコート千代田四番町」の立地は、総武・中央緩行線「市ヶ谷」駅 徒歩5分、JR中央線「四ツ谷」駅、東京メトロ有楽町線「麹町」駅、東京メトロ「半蔵門」駅も徒歩10分圏にある4駅7路線利用可能な交通利便性の高いロケーションです。

番町界隈は、住居系と商業系の用途地域が指定されておりオフィス、教育施設、住宅が混在するエリア。人気のある私立学校も多い。成熟した街であるがゆえに建物の建て替えが目立ち飲食中心の商業ビルが建てられるなど街の雰囲気も変わりつつあります。

番町エリアの町並み

番町エリアの町並み

「市ヶ谷」駅を出て二七通りまで歩くと、右手には昨年竣工した商業ビル「コモレ四谷」が目に入ります。五番町、六番町と歩くとすぐにJR中央線「四ツ谷」駅。都心の中核エリアであることを実感します。

「四ツ谷」方面の街並み

「四ツ谷」方面の街並み

「パークコート千代田四番町」の敷地は、カフェのある番町学園通りの路地を入ってしばし歩いた立地。南東側にワイドに面した敷地形状で日当たりの良い立地環境です。番町地区は、各エリアごとに地区計画が定められており、良好な住環境が守られるように配慮されています。

当該地は、約9.7㏊の四番町地区計画内に位置し「建築物の高さや配置など、街並みに配慮し、良好な住環境を積極的に維持・創出する。住宅と教育施設、商業・業務施設の共存・調和した中層・中高層市街地の形成を図る。」などの土地利用の方針が定められています。

「パークコート千代田四番町」の建設地

「パークコート千代田四番町」の建設地

番町エリアのマンションは、都心立地でありながら住環境や教育環境に優れた暮らしやすさを享受できる一方で、周囲に高層建物が建ちやすく条件によっては、日照や開放感が厳しくなる住戸が生まれやすい傾向があります。4,589.08㎡は、住居系エリアが混在する街としては貴重で、これだけのスケールがあればランドスケープも期待できそうです。

3つの森と、7つのラウンジ、ゲストルーム・プライベートスパ(温泉)も

「パークコート千代田四番町」のプランニングの特徴は、敷地内に3つの森を設け居心地の良い住環境を創造していること。1969年以降に番町エリアで供給されたマンションの中では、最大敷地を誇って(MRC調べ)います。

2000年以降で供給された番町エリアの総戸数100戸以上のマンションを調べてみると20年間で僅か5物件。物件数も限られ中古市場でも人気を集める物件が並びます。その中でも、「パークコート千代田四番町」は、敷地のスケールで上回ります。

ブリリア一番町(2019年10月竣工) 総戸数 106戸 敷地面積 1920.89m2
ザ・パークハウスグラン 三番町(2014年8月 竣工) 総戸数 148戸 敷地面積 3431.78m2
ブランズ四番町(2014年2月竣工) 総戸数 165戸 敷地面積 4108.52m2
番町パークハウス(2007年2月竣工) 総戸数128戸 敷地面積 3767.07m2
三番町パークテラス桜苑(2005年8月竣工) 総戸数102戸 敷地面積 3804.3m2

「ザ・パークハウスグラン 三番町」の外観

「ザ・パークハウスグラン 三番町」の外観

 

「パークコート千代田四番町」のランドスケープは、庭園邸宅を目指し南西側に3つの森を設けた自然を包蔵する環境創造。「エントリーフォレスト」、「カスケードフォレスト」、「シーズンズフォレスト」の3つの特徴的な空間がプレゼンテーションされています。

さらに、7つのラウンジ、ゲストルーム・プライベートスパ(温泉)、パーティールームなど共用施設も充実している模様。モデルルームの公開が楽しみなプロジェクトです。

価格は、番町エリアの過去の供給実績を踏まえるとプレミアムな設定になると推察します。低層プレミアム住戸には、オプション(有料)にて温泉(宅配温泉・加温・加水)の供給可能。2021年トップクラスの大規模レジデンス。今後の動向に注目したいと思います。