住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計266本!40万PV超 
私らしい日常 思い描く未来 満足の住まい

入居3年後でも価値「HARUMI FLAG」(晴海フラッグ)見学

「そなえるカルタ」水害版 三菱地所グループが作成

「そなえるカルタ」水害版 ニュース&トピックス
「そなえるカルタ」水害版

三菱地所レジデンス(株)と三菱地所コミュニティ(株)は、東日本大震災等で被災した方の声を届けるオリジナルの防災ツール「そなえるカルタ」に「水害版」を追加し公開しました。

「そなえるカルタ」は、2011 年の東日本大震災で被災された方に、当時、困ったこと・大変だったことについてヒアリングし、その声をマンション居住者に届けることを目的として、2014 年 6 月に開発した防災ツール。「そなえるカルタ」を活用したマンションでの防災訓練の実施、2016 年に発生した熊本地震の事例を追加する等、開発以降も活動を続けていました。近年、台風やゲリラ豪雨等の被害により水害に対する関心が高まっていることから、今般、「水害版」を制作し公開しました。

「そなえるカルタ」のサンプル

「そなえるカルタ」のサンプル

追加した「そなえるカルタ」水害版では、平成 30 年 7 月豪雨(2018 年西日本豪雨)や令和元年房総半島台風(2019 年台風 15 号)・令和元年東日本台風(2019 年台風 19 号)の体験者の声を踏まえ、マンション居住者の新たな備えや行動に移すきっかけを提供しています。なお「そなえるカルタ」は、「ザ・パークハウス防災プログラム」のホームページ上に一般公開しており、誰でもダウンロードが可能です。(https://www.mecsumai.com/bousai/)

同社は水害版が追加された「そなえるカルタ」を活用し、三菱地所グループが管理するマンションだけでなく、社会に対しても、近年増加している水害にも備えられるよう引き続きノウハウを提供するとしています。

 

「そなえるカルタ」について
東日本大震災・熊本地震等被災地の生の声から学んだ教訓を「トイレ」・「食糧」・「情報」といった切り口で、マンション居住者に届けるために開発したオリジナルの防災ツール。「そなえるカルタ」という名称は、ポルトガル語の「手紙 carta」から由来する「カルタ」から、被災地の声をきちんと居住者へ伝えたいという強い想いと、管理組合や居住者が気になるテーマから取り組み、最終的には全てのテーマ(課題)を考えていくことを目指して名付けています。

災害の経験を次に活かす「そなえるカルタ」・・・新たな気づきを次に活かすために 2011 年の東日本大震災、2016 年の熊本地震、平成 30 年 7 月豪雨(2018 年西日本豪雨)、令和元年房総半島台風(2019 年台風 15 号)、令和元年東日本台風(2019 年台風 19 号)の被災地にヒアリングを行い、体験談から学んだ情報を提供しています。

「そなえるカルタ」の活用
三菱地所グループでは、グループが分譲・管理するマンションにおいて「そなえるカルタ」を活用した防災訓練を実施することで、管理組合や居住者に東日本大震災等での学びを伝える活動を継続して行ってきました。被災地の声を伝えることで、自分事として考えていただきやすく、個人としてだけでなく、マンション全体の防災意識が高まるきっかけを提供しています。

《マンション防災訓練でのオンラインワークショップ》

マンション防災訓練でのオンラインワークショップ

マンション防災訓練でのオンラインワークショップ

「自宅の備え」をテーマに、オンラインでチャット機能やアンケート機能を使いながら、参加者同士で互いの考えを共有。

《マンション防災訓練での災害用トイレ訓練》

マンション防災訓練での災害用トイレ訓練

マンション防災訓練での災害用トイレ訓練

東日本大震災で被災された方々から、水や食糧と並びトイレに非常に困ったというお話を伺いました。訓練では「そなえるカルタ」で『トイレの備えの大切さ』を伝え、平常時にトイレ組立て訓練等をすることを提案しています。

《 マンション防災訓練でのワークショップ》

マンション防災訓練でのワークショップ

マンション防災訓練でのワークショップ

「そなえるカルタ」にて被災地の実体験を学んだ上で「自分だったらどうする?」と考え、参加者同士で話し合うことで新たな気づきが生まれ、行動に移すきっかけを提供しています。

《学校での授業や地域の方とのワークショップ》

「そなえるカルタ」を使った学校や地域のワークショップの例

「そなえるカルタ」を使った学校や地域のワークショップの例

 

なお三菱地所グループでは、様々な防災の取り組みを行っています。

ドナタデモプロジェクト
三菱地所レジデンスが開発したオリジナルツール「そなえるカルタ」と「そなえるドリル」をオープン化し、Web 上で一般公開。行政や他社分譲マンションの防災訓練でも活用されています。

― 親子で考える防災ツール「そなえるドリル」 ―
子どもと大人が家族を想定して考える防災ツール「そなえるドリル」。自分や家族のことを実際に書き、大人と相談して答えを出す要素を取り入れ具体的な行動につなげます。

ザ・パークハウスの防災プログラムホームページ http://www.mecsumai.com/bousai/ (「そなえるカルタ」と「そなえるドリル」は、ザ・パークハウスの防災プログラムホームページ上で“ドナタデモ”ダウンロードが可能です。)

― 三菱地所グループの防災倶楽部 ―
三菱地所グループでは、防災訓練を積極的に実施・サポートしており、防災意識の向上や訓練の進化・深化を目的に三菱地所レジデンス社員有志によるボランティア組織「三菱地所グループの防災倶楽部」を 2014 年 10 月に立ち上げています。防災倶楽部はマンション管理組合に対し新たな訓練メニューなどを提案しており、これまでに三菱地所コミュニティが管理するマンション 94 物件・25,409 世帯を対象とした防災訓練をサポートしています。