住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計266本!40万PV超 
私らしい日常 思い描く未来 満足の住まい

入居3年後でも価値「HARUMI FLAG」(晴海フラッグ)見学

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の人気理由

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の完成予想模型 マンション探訪記
「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の完成予想模型

JR京葉線「南船橋」駅徒歩3分の全戸南西向き全231邸「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の販売が堅調です。2020年7月の第1期販売から約8か月。既に8割以上の住戸が申込済みで未成約住戸は40戸足らず。総反響数は、2800件超。総来場件数も800組を超えています。

中でも、20代の購入者層は約24%。70㎡超の3LDKが4,000万円台で買える値頃感と「東京」駅まで直通25分でアクセスできる通勤利便性、「IKEA Tokyo-Bay」「ららぽーとTOKYO-BAY」が近接する商業利便性などが高く評価されています。現地とモデルルームを訪ね人気の理由を探ります。(2021年3月2日初回掲載 2021年3月13日 第4期概要追記)

【パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア 物件概要】
総戸数 :231戸(販売総戸数231戸、他に 店舗2戸)
敷地面積 :4,381.63㎡
建築面積 :1,528.46㎡
延床面積 :19,919.80㎡
竣工時期 :2022年1月下旬竣工予定
入居時期 :2022年4月下旬入居予定
構造・階数  :鉄筋コンクリート造地上20階
用途地域 :商業地域
土地権利 :所有権
駐車場  :総戸数 231戸 に対して 敷地内機械式 76台 敷地内平面 1台
駐輪場  :総戸数 231戸 に対して303台
施工会社:株式会社長谷工コーポレーション
管理会社:三井不動産レジデンシャルサービス株式会社
売主 :三井不動産レジデンシャル株式会社

※上記は参考情報です。販売概要の詳細は、公式ホームぺージをご確認ください。

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の現地案内図

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の現地案内図

 

動く歩道で「南船橋」駅へ快適アクセス IKEAやららぽーとが立地

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の完成予想模型

建設中の「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」(2021年2月撮影)

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の建設地は、JR京葉線「南船橋」駅から徒歩3分の南西道路に面した開放的な敷地。道路にワイドに面した敷地形状で全戸南西向きの日当たりの良い開放的なプランニングです。

敷地の背面にあるJR京葉線の高架下には、「ららぽーとTOKYO-BAY」方面と「南船橋」駅を結ぶ動く歩道が設置されています。「ららぽーとTOKYO-BAY」の運営業者が三井不動産グループということもあり、「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の敷地からスムーズに動く歩道にアクセスが可能。雨の日も傘を使わないで駅との往来ができます。

「南船橋」駅とつながる動く歩道

「南船橋」駅とつながる動く歩道

モデルルームの模型では、この動く歩道が再現されており、便利な暮らしがより実感できます。筆者も取材日に「ららぽーとTOKYO-BAY」を利用した後にこの歩道を使いましたが駅にスムーズにアクセスできとても便利。来場者からの申込率が高いのも納得できました。

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の完成予想模型

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の完成予想模型

また、駅からのアプローチも信号がなく移動がスムーズ。「東京」方面へのアクセスも良好で、共働き層でも暮らしやすい拠点性の高いロケーションです。

建物は光・緑・海・風など自然をモチーフにした外観デザイン。敷地内には、コミュニティガーデンやシーズンアヴェニューといった緑の空間を設けています。また、南側も約4.4m~約4.8mセットバックして、緑地空間を醸成。プライバシーを守るとともに住戸の開放感も享受できます。

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の完成予想模型

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の完成予想模型

「南船橋」駅周辺には、三井不動産ロジスティクスパーク船橋に2021年6月に誕生予定の緑地スペースをはじめサードプレイスが豊富に立地します。こうした立地特性を活かし建物の共用施設は、エントランス横のラウンジスペースなど限られており、管理費や修繕費がリーズナブルな設定になっています。

「IKEA Tokyo-Bay」や「ららぽーとTOKYO-BAY」といった商業施設だけでなく、船橋港親水公園やふなばし三番瀬海浜公園、サッポロビール千葉ビール工場などレジャースポットが豊富。シネマコンプレックスもあり、充実したオフタイムが過ごせそうです。

 

天井高約2.5mのLD ウォールドアやコーナーサッシ採用の開放的な間取り

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」のモデルルーム

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」のモデルルーム Hタイプ(分譲済み)

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」のプランニングの特徴は、70㎡台のゆとりある3LDK中心の開放的なプランニング。バルコニーの奥行きは最大約2mの広さ。コーナーサッシやウォールドアを活用した開放的かつフレキシブルなプランニングでファミリー層が暮らしやすいように工夫されている。

リビングダイニングには、ガス温水式床暖房を標準装備。収納量も豊富で、マルチクロゼットやウォークインクロゼット、納戸など機能的で使いやすい収納が豊富です。

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」のモデルルーム

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」のモデルルーム

可変性が高いウォールドアによって、子供が小さいときは日当たりの良い窓側の部屋を広く利用することが可能。上層階からは、花火も楽しむことができます。

 

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」のモデルルーム

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」のモデルルーム

 

モデルルームになっている南西の妻側住戸は、4LDKタイプ。こちらは、防音性に配慮し二重サッシが採用されています。背面側を京葉線の高架が位置しますが建物とは一定の距離があるので相応の防音効果は得られそうです。

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」のモデルルーム

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」のモデルルーム

 

4,000万円台半ばで手が届く価格設定のため、戸数規模にしてはディスポ―ザーが無いなど気が付くこともありますが、玄関前スペースも確保されトイレにカウンターがあるなど住み心地への配慮を感じるプランニング。好調な売れ行きも頷けるモデルルームでした。

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」からすぐアクセスできる「ららぽーと船橋」

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」に程近い「ららぽーとTOKYO-BAY」

購入層は、20代が約24%、30代が約48%と若いファミリー層が中心。千葉県内からの購入が約半数ですが城東エリアからも約25%の購入があり東京方面からの購入も目立ちます。

平均坪単価は、現時点で約205万円程度。共働き層の割合も高く、通勤利便性と暮らしやすさをリーズナブルに実現できる点が評価されているようです。

「ららぽーと船橋」

「ららぽーとTOKYO-BAY」

 

同じ京葉線では「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」の販売が堅調のようですが駅距離を重視する人は、「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」を支持する人が多いようです。

2020年の千葉県での新築マンションの供給が伸びているように、値頃感がありながら通勤利便性の高いマンションの売れ行きは堅調です。そうしたラインアップの中でも、通勤利便性と生活利便性に優れた全戸南西向きの大規模レジデンス「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」。好調な売れ行きも今のマーケットを踏まえれば当然なのかもしれません。

 

(2021年3月13日 第4期概要追記)
受付期間 :2021年3月13日(土)~2021年3月21日(日)
抽選日 :2021年3月21日(日)
販売戸数 :16戸
販売価格 :3998万円(1戸)~5198万円(1戸)
最多販売価格帯 :4400万円台(4戸)・4500万円台(4戸)
間取り :3LDK(13戸)・4LDK(3戸)
専有面積:71.57㎡(12戸)・75.69㎡(1戸)・77.72㎡(3戸)
バルコニー面積 :10.94㎡(1戸)・12.40㎡(12戸)・22.72㎡(3戸)
管理費:月額 14,100円~15,310円
修繕積立金:月額 8,870円~9,640円
修繕積立基金 :引渡時一括 887,000円~964,000円
その他費用 :給湯器基本料金/2,750円
上記は、参考情報です。詳細は公式ホームページでご確認ください。

 

(2021年4月19日 最終期概要追記)
販売概要(最終期)
受付期間 :2021年4月17日(土)~2021年4月24日(土)
抽選日:2021年4月24日(土)
販売戸数 :3戸
販売価格:4578万円(1戸)・4878万円(1戸)・5128万円(1戸)
最多販売価格帯:4500万円台(1戸)・4800万円台(1戸)・5100万円台(1戸)
間取り:3LDK(2戸)・4LDK(1戸)
専有面積:73.14㎡(1戸)・75.69㎡(1戸)・77.72㎡(1戸)
バルコニー面積:10.83㎡(1戸)・10.94㎡(1戸)・22.72㎡(1戸)
管理費:月額 14,410円~15,310円
修繕積立金:月額 9,070円~9,640円
修繕積立基金:引渡時一括 907,000円~964,000円
その他費用:給湯器基本料金/2,750円

※上記は、参考情報です。詳細は公式HPを確認ください。

著者プロフィール 岡本 郁雄 (おかもと いくお)不動産コンサルタント
不動産領域のコンサルタントとして、マーケティング、コンサルティング、講演、執筆などで幅広く活躍。首都圏を中心に3000件以上の新築マンションのモデルルームや現場を見てきた。1967年岡山県倉敷市生まれ、神戸大学工学部卒。ファイナンシャルプランナーCFP®、中小企業診断士、宅地建物取引士、公認 不動産コンサルティングマスター。 

 

(2021年5月15日 全戸申込完売表示)

全戸申込完売とHPに表示されました。購入された方、おめでとうございます。