住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計323本! 70万PV超 
私らしい日常 思い描く未来 満足の住まい

48階建「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」認可

48階建「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」権利変換認可

「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」の位置図 ニュース&トピックス
「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」の位置図

三井不動産レジデンシャル株式会社、野村不動産株式会社、大成建設株式会社の3社は、東京都中央区にて権利者と推進していた「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」(施行者:月島三丁目南地区市街地再開発組合)が、2022 年 11 月 17 日に権利変換計画について東京都知事の認可を受けたことを発表した。

同プロジェクトは、東京メトロ有楽町線「月島」駅と、都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅の間に位置し、清澄通りに面した約 1.0ha の区域。地区内は、築年数の経過した木造家屋の密集や広場の不足等の課題を抱えており、防災機能の向上と都市機能の更新が求められている。

「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」の完成予想CG

「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」の完成予想CG

A 敷地に地上 48 階地下 1 階、制振構造、総戸数 744 戸の共同住宅と商業施設を整備し、B 敷地に地上2階建の商業施設と保育所を整備することで、にぎわいを創出し、安心して子育てができる環境を整える。歩道状空地の確保によって、ゆとりある歩行者空間を整備し、災害時の避難スペース・緊急車両の進入経路を確保される。また、地域に開かれたオープンスペースとして緑あふれる広場を設置するとともに、建物内の一部には帰宅困難者や地域住民のための避難・一時滞在施設を用意することで、防災機能の向上も図られる。

「プロジェクトの特徴」
中央区月島三丁目、約 1.0ha の第一種市街地再開発事業。地上 48 階地下 1 階建、総戸数 744 戸の制振構造による共同住宅と商業・子育て支援施設のミクストユースの街づくり。地域に開かれた広場整備により憩いの空間を創出し、地域のコミュニティ形成を促進。災害時には避難スペースとして機能し、地域の防災機能向上に寄与。

「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」の敷地配置図

「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」の敷地配置図

 

これまでの経緯と今後のスケジュール
2008 年 4 月 :「まちづくり勉強会」発足
2009 年 6 月 :再開発協議会設立
2014 年 3 月 :「月島三丁目 28,29,30 番地区市街地再開発準備組合」発足
2018 年 2 月 :都市計画決定告示
2020 年 11 月 :「月島三丁目南地区市街地再開発組合」設立
2022 年 11 月 :権利変換計画認可
2023 年度 :本体工事着工(予定)
2027 年度 :竣工(予定)

事業概要
事業名:月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業
施行者:月島三丁目南地区市街地再開発組合
所在地:東京都中央区月島三丁目 27 番の一部,28 番,29 番,30 番(住居表示)
区域面積:約 1.0ha
建築物の敷地面積:A 敷地:約 5,600 ㎡、B 敷地:約 900 ㎡
建築物の延床面積:A 敷地:約 76,000 ㎡、B 敷地:約 1,200 ㎡
建築物の主要用途:住宅、商業、保育所
住宅戸数 744 戸(予定)
事業推進コンサルタント:株式会社本郷計画事務所
設計会社:株式会社佐藤総合計画(基本設計)大成建設・佐藤総合計画設計共同企業体(実施設計)
施工会社:(予定) 大成建設株式会社(特定業務代行者・事務局)
参加組合員:三井不動産レジデンシャル株式会社、野村不動産株式会社、大成建設株式会社