『街とマンションのトレンド情報』をタイムリーに発信します。

記事本数計400本! 100万PV超 
かけがえのない人生に豊かさと自由を
より良き『住まい・社会・未来』

住宅・商業一体の大規模複合開発「シティタワーズ板橋大山」に注目

「フォーシーズンズホテル」とマンションが一体となった 超高層複合タワー「ONE DOJIMA PROJECT」竣工

ニュース&トピックス
「ONE DOJIMA PROJECT」外観 撮影:ナカサアンドパートナーズ

日本初、「フォーシーズンズホテル」とマンションが一体となった超高層複合タワー「ONE DOJIMA PROJECT」が竣工しました。目を惹くのがヨットの帆をイメージしたシンボリックな外観。建物高さ約 195m、地上 49 階建ての建物自体をアート作品として捉え、上層階の建物形状を徐々にセットバックさせ、3 種類のバルコニーを組み合わせることで、水都大阪にふさわしいヨットの帆をほうふつとさせるシンボリックな外観となっています。

「ONE DOJIMA PROJECT」 2023年10月 筆者撮影

「ONE DOJIMA PROJECT」 2023年10月 筆者撮影

また、キュレーター兼美術評論家の南條史生氏の監修により、国際的に活躍する彫刻家の名和晃平氏の作品をはじめとする約 50 点もの多彩なアート作品を住宅共用部等に設置するなど、洗練された空間を提供しています。

物件の特徴は、何といっても「フォーシーズンズホテル大阪」と「Brillia Tower 堂島」一体の超高層複合タワー開発であること。大阪府内に初めて「フォーシーズンズホテル」が進出します。建物地下 1~2 階・28~37 階にホテルフロアを整備し、国際水準のホスピタリティで世界中からの利用者を迎え入れます。

上層階の建物形状を徐々にセットバックさせた、ヨットの帆をほうふつとさせるシンボリックな外観は、日建設計の大谷弘明氏が手掛けており、その美しい佇まいは水都大阪の新たなランドマークに。

マンションフロアでは、大阪市内を一望できる最上階の貸切利用可能なパーティールームのほか、フィットネスルームやワーキングブースなど、多様なニーズに応えた共用施設を整備しています。

ザ・ペントハウス(最上階 パーティールーム)と ギャラリーコリドー(2 階) 撮影:ナカサアンドパートナーズ

ザ・ペントハウス(最上階 パーティールーム)と ギャラリーコリドー(2 階) 撮影:ナカサアンドパートナーズ

マンション共用空間のインテリアデザインは、Piet Boon(ピエト・ブーン)氏によって創設された Studio Piet Boon(本社:オランダ)がコーディネート。株式会社ウェルウッドの協力のもと、森美術館館長を務めたキュレーター兼美術評論家の南條氏がアートを監修し、国内外で活躍する彫刻家の名和晃平氏やメディアアーティストの落合陽一氏など、世界で活躍するアーティストによるアート作品約 50 点を共用部等の各所に設置しています。また、南條氏によりキュレーションされた作品の他にも多数のアート作品が共用部を彩ります。

「ONE DOJIMA PROJECT」のアート

「ONE DOJIMA PROJECT」のアート

 

● 物件概要
所在地 住宅:大阪市北区堂島二丁目 4 番 4 号
ホテル:大阪市北区堂島二丁目 4 番 32 号
敷地面積 4,828.17 ㎡
延床面積 82,507.19 ㎡
構造・規模 RC 造、一部 S 造地上 49 階・地下 1 階
施設構成 住宅:地下 1 階~27 階、38 階~49 階、総戸数:457 戸
ホテル:地下 1 階~2 階、28 階~37 階 総客室数:175 室
工期 着工:2020 年 4 月、竣工:2024 年 1 月
設計 株式会社日建設計
施工 株式会社竹中工務店
住宅共用部デザイン監修 Studio Piet Boon
住宅引渡開始 2024 年 5 月 24 日(予定)
ホームページ ONE DOJIMA PROJECT https://www.one-dojima.com/
Brillia Tower 堂島 https://www.bt-dojima.com/

なお、「Brillia Tower 堂島」の今後の販売は、第6期以降が2024年7月下旬の予定。間取り 1LDK~3LDK 専有面積 37.01m2~126.68m2 となっています。

 

大阪のタワーマンションマーケットを牽引してきたともいえる「Brillia Tower 堂島」。近隣では、「パークタワー大阪堂島浜」の工事も進められており街の雰囲気も大きく変わりつつあります。発展する大阪の象徴ともなるプロジェクトといえるのではないでしょうか。