住まい探しに役立つ『街とマンションのトレンド』を写真付で紹介

記事本数計86本!知識を深め世界を広げ、家族の夢を叶える住まいへの一歩を

「中野」駅徒歩5分「グランツオーベル中野」探訪

カフェやスーパーも併設「プラウドシティ吉祥寺」全678邸の魅力

「プラウドシティ吉祥寺」の完成予想模型 マンション探訪記
「プラウドシティ吉祥寺」の完成予想模型

「プラウドシティ吉祥寺」は、JR中央線「吉祥寺」駅バス約6分「プラウドシティ吉祥寺」バス停1分に誕生する全678邸の大規模レジデンスです。「住みたい街ランキング」の上位の常連「吉祥寺」や「三鷹」を生活圏にしつつ、カフェやスーパーも併設する複合大規模開発。堅調な売れ行きを示すマンションの魅力を紹介します。

井の頭恩賜公園を身近に抱く自然豊かなエリア バス停は敷地目の前に誕生

井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園

全678邸の大規模複合プロジェクト「プラウドシティ吉祥寺」の販売が堅調です。第一期の販売に続き2019年5月11日・12日に第2期の申込登録受付がスタート。2019年5月17日時点で資料請求件数は4500件を超え既に340戸強の住戸に申し込みが入っています。

好調の要因の一つに挙げられるのが、吉祥寺を生活圏とするロケーションでありながら70平米超の広さが5000万(1千万円単位)から購入できる価格と広さのバランスです(第2期1次の最多価格帯は、6100万円台中心)。

井の頭恩賜公園が広がる「吉祥寺」駅の南側のエリアでは、「プラウドシティ吉祥寺」のようにバス便エリアの供給が多く、路線バスの運行本数が多い地域です。「プラウドシティ吉祥寺」では、敷地内にバス停が設けられ「吉祥寺」駅や「三鷹」駅に向かうバスを利用できるとともに、近くの「下連雀」バス停も利用可能でスムーズなアクセスが可能です。

また、過去に供給されたバス便エリアの物件の中では、井の頭公園に近く憩いのスポットが身近であることも「プラウドシティ吉祥寺」の魅力です。医療施設や教育関連施設も身近にあり生活しやすい環境も評価されているようです。

敷地面積2万6千平米超 スーパーやカフェ、保育施設や学童保育も開設予定

「プラウドシティ吉祥寺」の完成予想模型

「プラウドシティ吉祥寺」の完成予想模型

スーパーマーケット「マルエツ」やカフェ「堀口珈琲」、ポピンズが運営予定の保育施設や学童保育も開設予定です。身近に買い物や寛げる場所があれば、暮らしにもゆとりが持てそう。子育ての負担も軽減できるかもしれません。

敷地面積は、吉祥寺エリアの中でもスケールの大きい2万6千平米超もの広さ。街区の入口には、この地にあったヒマラヤスギの高木をシンボルツリーとして配置。約2万本もの樹々を敷地に配し緑地率約30%を確保しています。生物多様性に配慮した「ABINC認証」を取得。多様な生物が訪れる美しい環境を保全します。

高さ制限がある為、ランドスケープは一定の制約を受け、西向き・東向きの住戸も目立ちますが植栽を豊富に施すことで憩いの住環境を形成しています。また、共用施設も充実していてサードプレイスが数多く用意されているのも魅力です。

コーヒーを楽しめる「ヒマラヤラウンジ」、WiFiも完備された「ライブラリー&スタディルーム」、子供たちが遊べる「キッズゾーン」。キッチンもある「コミュニティゾーン」など。コミュニティ形成にもプラスになりそうです。

賑わいある商店街や洒落たお店の揃う「吉祥寺」駅も普段使い出来るので多彩なライフスタイルに応える暮らしがここなら実現できそうです。

「プラウドシティ吉祥寺」の完成予想模型

「プラウドシティ吉祥寺」の完成予想模型

買い物施設やカフェが一体に整備されていて、共用施設も多彩。敷地内の憩いのスポットも豊富。駐車場は、202台とバス便立地としては少ない気もしますがバス停が目の前ということで車を持たない人も一定数いるようです。

二重床・二重天井設計 ミライフル採用 ディスポーザー・食洗器も装備

「プラウドシティ吉祥寺」の中心タイプは70㎡台半ばの3LDKが中心。バルコニー側がアウトフレームのスッキリしたプランニング。中層の大規模マンションでは、ワイドスパン住戸中心に用意することが難しく、「プラウドシティ吉祥寺」も通常の6m前後の間口の住戸が目立ちますが、写真のようにキッチンを縦長のリビングに対しワイドに配置した新しいリビングなどの提案があり、開放感を演出しているのが特徴的です。

モデルルームでは、壁面部分を収納スペースとして上手くコーディネート。アイランド風のキッチンでは、会話をしながら料理が楽しめそうです。収納個所が豊富なのもプランニングの特徴で、廊下側の収納や奥行きのあるウォークインクロゼットも使いやすく感じました。

「プラウドシティ吉祥寺」のモデルルーム

「プラウドシティ吉祥寺」のモデルルーム二重床・二重天井設計となっており、サイホン排水システムによる水回りの自由度を高める「ミライフル」を採用。設備スペックもディスポーザーや食器洗い乾燥機を標準装備するなど充実しています。こうしたトータルで考えた暮らしやすさを実感できることも「プラウドシティ吉祥寺」の好調な理由です。

「プラウドシティ吉祥寺」のモデルルーム

「プラウドシティ吉祥寺」のモデルルーム

2019年6月下旬から販売予定の第2期2次の概要は、専有面積が68.59平米  ~  83.70平米、間取りが2LDK~3LDK(価格は未定)。複数の棟からなる大規模マンションなのでプランバリエーションも豊富なので、家族に合ったプランを選べます。

バス停が目の前ということもあり、共働き層も購入層に目立つとのこと。人気の中央線エリアにしては、手の届きやすい価格であることも魅力のようです。「吉祥寺」駅を生活圏に井の頭恩賜公園の近くで四季の移ろいを感じられる場所。そして便利で選択肢の多いライフスタイルの実現。多様なニーズに応えられる暮らしがあることが「プラウドシティ吉祥寺」の好調要因なのかもしれません。