住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計170本! 10万PV超 世界を広げ知識を深め理想の暮らしを実現しよう‼

「ザ・パークハウス 横浜新子安フロント」デッキ直結徒歩3分

「ブリリアシティ西早稲田」1期1次、2次に296件の登録

「ブリリアシティ西早稲田」の完成予想図 ニュース&トピックス
「ブリリアシティ西早稲田」の完成予想図

東京建物は、分譲マンション「ブリリアシティ西早稲田」(豊島区高田・新宿区西早稲田、総戸数 454 戸、2022 年 5 月竣工予定 一般定期借地権分譲)について、2020 年東京都初回販売戸数第 1 位となる第 1 期 161 戸、第 1 期 2 次 35 戸の販売を行い、296 件(最高9 倍、平均1.5 倍)の登録申込が入ったことを発表しました。

同物件は、山手線の内側の希少性の高い立地でありながら、自然豊かで子育てや教育環境に適した立地であること、また在宅勤務やテレワーク可能な商品企画(共用部のコワーキングスペースや専有部のコミュニケーションスペース等)について、高い評価を得ています。

第1期販売価格 5,790 万円~12,090 万円 専有面積 71.48 ㎡~96.92 ㎡

「ブリリアシティ西早稲田」位置図

「ブリリアシティ西早稲田」位置図

◆「ブリリアシティ西早稲田」全体物件概要
所 在 地:東京都豊島区高田一丁目176 番2、12
東京都新宿区西早稲田三丁目410 番237
交 通:東京メトロ東西線「高田馬場」駅徒歩12 分、同「早稲田」駅徒歩14 分、
東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅徒歩7 分、同「西早稲田」駅徒歩10 分
JR山手線「高田馬場」駅徒歩14 分、
都電荒川線「面影橋」駅徒歩1 分
西武鉄道新宿線「高田馬場」駅徒歩14 分
総 戸 数:454 戸
構 造・規 模:鉄筋コンクリート造 地上15 階建
敷 地 面 積:12,348.42 ㎡
間 取 り:3LDK ~ 4LDK
専 有 面 積:71.48 ㎡~93.30 ㎡(トランクルーム1.05 ㎡~1.62 ㎡含む)
建物完成時期:2022 年3 月下旬(予定)
入居開始時期:2022 年5 月下旬(予定)
販 売 開 始:2020 年9 月予定(第1 期)
設 計 施 工:株式会社長谷工コーポレーション
管 理:株式会社東京建物アメニティサポート
【第1 期1 次・第1 期2 次販売概要】
・事前案内会開始:6 月27 日
・第1 期モデルルームオープン:7 月25 日
・販売戸数(第1 期) 152 戸
(提携企業勤務向け住戸) 9 戸
(第1 期2 次) 35 戸
・販売スケジュール
(第1 期)登録期間:9 月26 日~10 月4 日
抽選日:10 月5 日
(第1 期2 次)登録期間・抽選日 10 月12 日
・登録申込件数(通期):296 件
・平均倍率:1.5 倍(最高倍率9 倍)
・販売価格(第1 期):5,790 万円~12,090 万円
・専有面積(第1 期):71.48 ㎡~96.92 ㎡
※トランクルーム面積0.82 ㎡~1.05 ㎡含む
(一部住戸)
・専有面積(通期):50.36 ㎡~142.79 ㎡
※トランクルーム面積0.69 ㎡~1.97 ㎡含む

20 歳台8%、30 歳台 58%、40 歳台23% 3人~4人家族が58%

【登録申込者の概要】
年齢:30 歳台(58%)、40 歳台(23%)、20 歳台(8%)
家族数:3 人(39%)、2 人(33%)、4 人(19%)
職業:会社員(78%)、公務員(5%)
居住地:豊島区(16%)、新宿区(14%)
【登録申込者の評価する点】
・山手線内側にありながら、自然豊かで教育環境に適した立地
・「大手町」駅直通10 分、池袋・新宿も 5 分以内の利便性の高さ
・敷地面積 12,000 ㎡超の大規模プロジェクトならではの多彩な「共用施設」
・平均面積73 ㎡のゆとりあるプラン
・専有部の「コミュニケーションスペース」

■ 評価された「Brillia City 西早稲田」の特長
(1)山手線内側にありながら、自然豊かで教育環境に適した希少性の高い立地
(2)「大手町」駅直通10 分、「池袋」「新宿」にも5 分以内に位置する利便性の高さ
(3)敷地面積12,000 ㎡超の大規模プロジェクトならではのインナーフォレストおよび多彩な「共用施設」と260 ㎡超・約90 席、地域住民の方も利用可能なコワーキングラウンジ
(4)平均面積73 ㎡のゆとりあるプランと専有部にテレワーク可能な「コミュニケーションスペース」と「ウォールドア」を採用

「ブリリアシティ西早稲田」のインナーフォレスト完成予想図

「ブリリアシティ西早稲田」のインナーフォレスト完成予想図

一般定期借地権分譲ではありますが、借地の期間が2020年7月1日~2092年5月31日と長いのが「Brillia City 西早稲田」 の魅力。しかも都心立地でありながら開放感があり454戸のスケールメリットもあります。一般定期借地権分譲物件の人気物件は、割安感が際立っていたシティタワー品川(2008年分譲済)は別格として、立地の希少性(プラウド南麻布など)とスケールメリット(パークホームズ南麻布ザレジデンスなど)に特徴がありますがこの2つを「Brillia City 西早稲田」が併せ持つ点は、高く評価できると思います。

また、専有面積が広く永住にも適している点も長寿社会を見据えて20代~40代のファミリー層に評価されているのではないでしょうか。都心立地でこれだけ若い方が購入しているマンションも珍しいと思います。2020年10月27日よりモデルルームを再開するようなので次期以降の販売も注目です。

参考筆者記事 「超割安。必見のタワーマンション登場(シティタワー品川 2008年)」