住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計323本! 60万PV超 
私らしい日常 思い描く未来 満足の住まい

待望のグラン「ザ・ パークハウス グラン 三番町 26」がすごい

2.7億の戸建て5倍で即完「プラウドシーズン成城コート」を見学

プラウドシーズン成城コートの街並み ニュース&トピックス
プラウドシーズン成城コートの街並み

コロナ禍で家での滞在時間が増える中、建売戸建ての売れ行きが堅調です。それは、高額戸建て市場にも表れています。野村不動産が分譲を行った建売戸建「プラウドシーズン成城コート」第1期5棟は、価格が平均2.3億台、最高価格が2.7億円の価格設定。2022 年1月下旬に第 1 期の申込登録受付を行い、最高倍率 5 倍で即日完売しました。総反響件数は、1,200件超。同社は今後、2 億円超の「高額建売戸建」を都内 23 区中心に展開していく予定です。

2022年2月19日から第2期1邸の販売開始が予定されていますが、検討者も複数いるとのこと。現地とモデルハウスを訪ね高額戸建が人気になっている理由を探ります。

「プラウドシーズン成城コート」 第 1 期 概要
所在地 東京都世田谷区成城七丁目 868-17(地番)
交通 小田急電鉄小田原線 「成城学園前」駅 徒歩 8 分
入居時期 2022 年 4 月末以降順次
敷地面積 150.01 ㎡~173.04 ㎡
建物面積 119.33 ㎡~173.97 ㎡
総戸数 6 戸
構造規模 木造(2×4) 地上 2 階
間取り 3LDK、4LDK
売主 野村不動産株式会社
設計・施工 三菱地所ホーム株式会社
公式サイト https://www.proud-web.jp/house/d127620/

プラウドシーズン成城コートの現地案内図

プラウドシーズン成城コートの現地案内図

野村不動産が展開する建売戸建シリーズ「プラウドシーズン」は、デザイン性と機能性を併せ持ち「プラウド」シリーズならではの街並みづくりにこだわり、既存の街との調和を図りながら商品展開を行ってきました。

同社は、2002 年以降、毎年約 400 棟を継続的に販売しています。一方で、プラウドシーズンを含め首都圏で供給される一般的な建売戸建は、建物面積が約 100 ㎡前後、数千万~1 億円台前半までの商品が中心で、これ以上の広さ・価格帯の商品については、土地を購入し、注文住宅での建築を検討されるケースが一般的です。

従来の建売戸建市場に殆ど存在しなかった 2 億円超の「高額建売戸建」に、よりプレミアムクラスの建売戸建を求める潜在ニーズを見出し、従来の「建売戸建」の枠にとらわれず、立地・品質・デザイン等において、これまで培ってきた同社の強みを生かした商品提供になっています。

最大建物面積170平米超のゆとり プレミアムマンション相当の仕様

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスの外観

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスの外観

「プラウドシーズン成城コート」のは、最大建物面積 170 平米超のゆとりある空間と、プレミアムマンションクラスの仕様・設備を備えていることです。

建物面積は約 120 平米~170 平米超と、平均的な建売戸建の 1.5 倍程度の広さ。 リビングダイニングは、全邸天井高3m、H2.7m の大開口サッシを備えた大空間リビングに。スカイバルコニー、テラス等の外部空間も有効活用し、ゆとりが感じられるつくりに。

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスのリビングダイニング

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスのリビングダイニング

また、仕様・設備は、プレミアムマンションクラス同等になるよう、キッチンには、INTENZA(株式会社 INFILL 製)・大型食器洗浄機(ミーレ・ジャパン株式会社製)、浴室には、SPAGE(株式会社 LIXIL 製)を初採用し、肩湯や打たせ湯が装備され、自宅で温泉気分を楽しめる等、豊かな暮らしを叶える空間となっています。

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスの洗面室と浴室

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスの洗面室と浴室

設計・施工は、三菱地所ホーム株式会社ガ担当し、全館空調「エアロテック」を採用。24 時間 365 日、家中を換気しながら、清潔な空気と快適な温度で満たしつつ、冷暖房の電気代も節減しています。

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスの主寝室

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスの主寝室

電柱地中化で美しい街並みに 高さ2.7mの大開口サッシ越し景色

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスのテラス

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスのテラス

外観・街並みデザインも特徴的です。成城エリアの景観を継承する街並みづくりとして、生垣・石垣・石壁のある外構設計に。また、開発敷地内は、私道として初めて採用された東京都パイロット事業による「電柱地中化」を行い、大きく設けた窓からは、整然とした街並みが満喫できる仕様になっています。

プラウドシーズン成城コートの分譲棟(分譲済み)

プラウドシーズン成城コートの分譲棟(分譲済み)

外観デザインには、昨今の注文住宅のトレンドを反映させ、高さ 2.7mの大開口サッシ、オリジナルデザインを考案した長さ 8mのバルコニーガラス手摺、高さ 2.7mのアイアン調門扉等、デザイン要素にこだわりを感じます。

プラウドシーズン成城コートの分譲棟の外観

プラウドシーズン成城コートの分譲棟の外観

また、内装・インテリア・リフォームのニーズに応えるため、注文住宅を手掛ける三菱地所ホーム社と提携し、ご要望のお客様は、インテリア~個別リフォームまで相談できるようになっています。

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスの車庫

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスの車庫

分譲棟の6棟それぞれが個性的でかつ街並みとしての調和もとれています。こうした点は、プラウドシリーズで高級マンションを展開する野村不動産ならではの企画提案力だと感じました。

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスのリビングダイニングキッチン

プラウドシーズン成城コートのモデルハウスのリビングダイニングキッチン

地区計画で定められた125平米を上回る150平米超の敷地面積。そして、高級マンションレベルの設備・仕様。塗装による内部壁面の仕上げなど随所にこだわりを感じます。そして、3mもの高さのある空間は、分譲マンションにはないゆとりがあります。

成城学園前の街並み

成城学園前の街並み

開発地は、かつて大きな家があった広い場所。成城学園前からのアプローチ沿いには、意匠を凝らした邸宅がならんでいてこの街ならではのゆとりある暮らしを予感させます。

電柱地中化し美しい街並みを醸成する「プラウドシーズン成城コート」。街並みという価値を創造とゆとりのプランニング。好調な売れ行きは、当然かもしれません。