住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計309本! 60万PV超 
私らしい日常 思い描く未来 満足の住まい

プラウドタワー亀戸クロス直結「KAMEIDO CLOCK」開業

ZEH-M Oriented 「ライオンズ青砥レジデンス」を見学

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルームのプレゼンテーション マンション探訪記
ライオンズ青砥レジデンスのモデルルームのプレゼンテーション

各住戸専用の宅配ボックスや自動換気センサー機能など新生活様式に対応し、環境へも配慮した「ZEH-M Oriented」採用の「ライオンズ青砥レジデンス」のマンションギャラリーがオープンしました。

環境問題がクローズアップされ、SDGsにも注目が集まり2022年の税制改正では、環境に配慮した住宅の住宅ローン控除額を拡充するなどの動きも。現地とモデルルームを訪ねその魅力を紹介します。

ライオンズ青砥レジデンスの現地案内図

ライオンズ青砥レジデンスの現地案内図

物件概要
所在地: 東京都葛飾区青戸4丁目2304番1他(地番)
交通 :京成電鉄本線、押上線「青砥」駅徒歩12分
構造・規模: 鉄筋コンクリート造、地上8階建て
総戸数: 53戸(住戸)
専有床面積: 60.95m²~76.18m²
間取り: 2LDK~3LDK
着工日: 2021年10月29日
竣工日: 2023年3月24日(予定)
入居開始日: 2023年3月30日(予定)
設計: 株式会社現代綜合設計
施工: 株式会社大京穴吹建設
URL: https://lions-mansion.jp/MN200146/

※上記は、参考情報です。詳細は、公式ホームページをご確認ください。

高い断熱・省エネ性能 環境へも配慮した全53邸

ライオンズ青砥レジデンスの建設地(南側より)

ライオンズ青砥レジデンスの建設地(南側より)

「ライオンズ青砥レジデンス」の立地は、周囲にURの住宅などが建ち並ぶ住宅街の一角。「青砥」駅から徒歩12分ですが、青戸平和公園の横を通る並木道がアプローチで、往来がスムーズです。

青戸平和公園

青戸平和公園

区立中青戸小学校、区立青戸中学校が徒歩5分圏内に立地。さらにコープ葛飾白鳥店などの買い物施設、クリニックなどの医療施設も身近に揃っています。図書館、保健センターなどの公共施設も徒歩圏にあり、多様な世代が快適に暮らせる住環境です。

イオンズ青砥レジデンスの建設地

ライオンズ青砥レジデンスの建設地

また、最寄りの「青砥」駅からは、京成押上線を利用することで、都営浅草線「日本橋」駅や京浜急行線「品川」駅などの都心主要駅に直通でアクセス可能。日本橋へは、直通で15分、大手町へも20分前後で往来できます。

ライオンズ青砥レジデンスの外観完成予想図

ライオンズ青砥レジデンスの外観完成予想図

建物は、全戸南東・南西向きの地上8階建てで、専有面積は、60.95㎡~76.18㎡(2LDK・3LDK)、19タイプの豊富な間取りを提案しています。

外観デザインは、「人生の船出」をコンセプトに、水平線や水に映る光、波紋などの自然的要素を取り込み、爽やかで優しい色合いの素材で構成。ランダムに配したバルコニーのルーバーは、船が走る際にできる水面の波紋をモチーフに。

共用部のエントランスまわりには、光と水面、曲線で流れをイメージしたデザインのラウンジを設置。Wi-Fi環境を完備し、ゆったりとくつろげるソファが置かれます。なお共用部では、指をボタンにかざすだけで操作できる非接触型エレベーターを導入しています。

ワークスペース「ワークフィットボックス」などを提案

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルーム(リビングダイニング)

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルーム(リビングダイニング)

「ライオンズ青砥レジデンス」では「ZEH-M Oriented(ゼッチ・エム・オリエンテッド)」認証の指標となる断熱性能をクリアするため、Low-Eガラスや天井や床に厚みのある断熱材を使用しています。

また、エコジョーズや温水床暖房、LED照明や人感センサーを採用し、住戸の一次エネルギー消費量をすべての住戸で20%以上削減。これにより、「BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)」による第三者認証で最上級の五つ星を全棟・全住戸で取得しています。

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルーム(納戸)

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルーム(納戸)

モデルルームを見学すると、ウィズコロナ時代を見据えた様々な工夫が見られます。室内には、クローゼットを活用したワークスペース「ワークフィットボックス」を一部住戸に設置し在宅ワークへ対応。

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルームのワークフィットボックスの展示

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルームのワークフィットボックスの展示

衛生環境を快適に保つため、室内の二酸化炭素濃度を自動検知し換気するセンサーを採用し、感染症対策などに備えています。

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルームのプレゼンテーション(ライオンズスマートボックス)

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルームのプレゼンテーション(ライオンズスマートボックス)

さらに、2021年10月にグッドデザイン賞を獲得した「ライオンズスマートボックス」を初導入。宅配や食品配達、クリーニングなどの提携事業者が、専用ICカードを使用してエントランスを通り、玄関前の宅配ボックスまで配達物を届けます。マンションのエントランスまで足を運ぶ必要がなく、自宅玄関で配達物を受け取れます。

三つの収納スペースにより、クリーニングや食品など種類の異なる荷物にも対応するほか、宅配ボックスの最上段には、停電時にも解錠できる防災備蓄品専用の収納スペースを設け、在宅避難時に備えます。

 

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルームの玄関に据えられた通気用のスリット

ライオンズ青砥レジデンスのモデルルームの玄関に据えられた通気用のスリット

玄関ドアに、通気用のスリットを設けるなど、ほかにも様々な工夫が見られます。開放的な立地環境を活かす、大京らしいパッシブなプランニングも「ライオンズ青砥レジデンス」の魅力だと感じました。

「ライオンズ青砥レジデンス」は、全戸南東南西向きの好立地のレジデンスということもあり、2022年3月上旬時点で総反響件数は300件超と注目を集めています。葛飾区の地元のファミリー層からの反響がメインですが、ほかの23区エリアなど広域からの問い合わせも多いようです。

現在、事前案内会開催中ですが来場予約も堅調で、4月上旬の販売開始を予定しています。子育て環境も充実したZEH対応のゆとりのレジデンス。城東エリアの注目物件だと思います。