『街とマンションのトレンド情報』をタイムリーに発信します。

記事本数計400本! 100万PV超 
かけがえのない人生に豊かさと自由を
より良き『住まい・社会・未来』

『リビオシティ文京小石川』ゲストサロン探訪

反響8千件超『リビオシティ文京小石川』のゲストサロンオープン

ゲストサロンの外観 マンション探訪記
ゲストサロンの外観

日鉄興和不動産株式会社、東京建物株式会社、中央日本土地建物株式会社、住友商事株式会社は、東京都文京区小石川四丁目で建設中の分譲マンション『リビオシティ文京小石川』のゲストサロンを 7 月 6 日(土)にオープンし事前案内会をスタートする。

同本物件は、小石川植物園に近接し豊かな緑に囲まれた立地特性を生かし、「都心の杜」をコンセプトとした文京区最大級(総戸数 522 戸×敷地面積 12,000 ㎡)となる大規模開発。敷地内は、緑量の確保、多彩な樹種の配置に配慮した植栽計画としており、ABINC 認証および SEGES認定を同時取得。建物計画においては、快適性と省エネを両立する ZEH-M Oriented、地球環境に配慮する認定低炭素住宅の認証を予定している「環境自然配慮型」の分譲マンションだ。

文京区における総戸数 500 戸以上の物件数は約 0.4%、敷地面積 10,000 ㎡以上の物件数は約0.4%と希少性が高く、2024 年 2 月 22 日(木)のエントリー受付開始から1週間で 2,000 件超、7月 3 日(水)時点で 8,000 件超のエントリーがある。また、7月6日から始まる事前案内会の申し込みは 800 件超と注目を集めている。

総戸数 522 戸×敷地面積 12,000 ㎡超・文京区最大規模の開発

ゲストサロン内のグリーンコリドー

ゲストサロン内のグリーンコリドー

山手線内側で「総戸数 500 戸以上」×「敷地面積 10,000 ㎡以上」×「文京区内」の物件は、 1995 年 1 月~2023 年 11 月 15 日までの発売物件で、同マンションのみ。ゲストサロンでは、スケールを活かした共用部のつくりなどを「イマーシブシアター」などで確認できる。筆者は、事前案内会に先駆けてゲストサロンを見学したが、スケールの大きな模型もあり環境に配慮した商品企画の魅力が理解できた。

『リビオシティ文京小石川』ゲストサロンの特徴
①ランドスケープデザインを手掛ける株式会社緑演舎を起用し、インナーグリーンやモデルルームにおいて緑あふれる世界観を表現。
②2 面の LED ビジョン「イマーシブシアター」を設置し、実際に物件の共用部へ入っていくかのように感じられる体験スペースを設置。
③文京区最大級を表現する 1/50 スケールの再現模型を設置。
④本物件で使用予定の石材や樹木を設置することで実物に触れる体験ができ、サステナビリティにも貢献。

リビオシティ文京小石川の完成予想模型(筆者撮影)

リビオシティ文京小石川の完成予想模型(筆者撮影)

 

『リビオシティ文京小石川』ゲストサロン概要
所在地:東京都文京区後楽一丁目 2−8
交通:JR「水道橋」駅 西口より徒歩 2 分 東京メトロ「飯田橋」駅より徒歩 7 分
営業時間:平日 11 時 00 分~18 時 00 分 土日祝 10 時 00 分~18 時 00 分

イマーシブシアターでのプレゼンテーション

イマーシブシアターでのプレゼンテーション

 

『リビオシティ文京小石川』物件概要
物件名称 :リビオシティ文京小石川
所在地 : 東京都文京区小石川四丁目70番17
交通 : 東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅徒歩 12 分、東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅徒歩 13 分、都営三田線・大江戸線「春日」駅徒歩 11 分、都営三田線「白山」駅徒歩 10 分
総戸数 :522 戸(他店舗 1 区画)
敷地面積 :12,487.08 ㎡
延床面積 :43,211.27 ㎡
構造・規模 :鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造・地上 10 階建、一部塔屋あり
間取り/専有面積 : 1LDK~4LDK/35.89 ㎡~95.57 ㎡
土地の権利:賃借権
借地の種類・期間:一般定期借地権【2022 年 6 月 1 日~2097 年 7 月 31 日】
事業主:日鉄興和不動産、東京建物、中央日本土地建物、住友商事
設計者 : 長谷工コーポレーション
施工者 : 長谷工コーポレーション
管理会社 :日鉄コミュニティ
販売代理 : 東京建物、伊藤忠ハウジング、日鉄興和不動産
竣工年月 : 2026 年 11 月下旬(予定)
引渡可能年月: 2027 年 3 月中旬(予定)
販売開始時期: 2024 年 10 月上旬(予定)

ランドマーク性の高い外観デザイン 3LDK中心の住戸プランニング

リビオシティ文京小石川の完成予想模型のプレゼンテーション(筆者撮影)

リビオシティ文京小石川の完成予想模型のプレゼンテーション(筆者撮影)

「リビオシティ文京小石川」の注目点として挙げられるのは、敷地面積12,000㎡超、総戸数522戸のスケールを活かしたランドマーク性の高い外観デザイン。成熟した住宅街である文京区で、これほどのスケールのある敷地をもつマンションは、早々出会えない。敷地面積1万㎡超、総戸数500戸超を満たす文京区のマンションは、「パークコート文京小石川ザ・タワー」のみだ。

ロングファサードの外観フォルムは、重厚感があるつくりでランドマークとしての価値を感じるつくり。エントランスホールは、二層吹き抜けで奥には、枝垂れ桜の植えられた中庭が覗く。マルチラウンジや屋上テラス、フィットネスなど共用空間も充実している。

リビオシティ文京小石川のモデルルームのキッチン(筆者撮影)

リビオシティ文京小石川のモデルルームのキッチン(筆者撮影)

モデルルームは、中心プランとなる71㎡台3LDKと85㎡台3LDKの2タイプを用意。奥行きのあるカウンターのあるキッチンなど住み心地に配慮したつくり。リビング・ダイニングの天井高は、2460㎜だがダクトを廊下側中心に配することで、スッキリした空間に仕上がっている。

 

リビオシティ文京小石川のモデルルームのリビングダイニング(筆者撮影)

リビオシティ文京小石川のモデルルームのリビングダイニング(筆者撮影)

 

価格設定が気になるところだが、現時点では未定とのこと。想定価格は、71㎡台のタイプの4階想定で1億4,000万円台、85㎡台のタイプの4階想定で1億7,000万円台と周辺地域の上昇相場を反映して、それなりの価格設定になっている。

文京区内からのエントリーは、約23%とのことで想定よりも広域からの反響比率が高いとのこと。それだけプロジェクトは注目されているということだろう。

リビオシティ文京小石川のモデルルームの洋室(筆者撮影)

リビオシティ文京小石川のモデルルームの洋室(筆者撮影)

駅距離を考慮して、駅までのシャトルバスを用意する予定。24時間有人管理で、平日は1名、休日は2名のコンシェルジュも配される。大規模マンションの供給が少ない文京区だけに、スケールメリットを活かしたサービスは、評価されるだろう。

販売開始は、2024年10月上旬の予定となっており3ヵ月先ではあるものの見学予約状況を踏まえると、検討する方は早めにエントリーしたほうが良さそうだ。今後の動向にも注目したい。