住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計212本! 20万PV超 世界を広げ知識を深め理想の暮らしを実現しよう‼

「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」の人気理由

マーケット情報

マーケット情報

首都圏トップは野村不動産 2020年新築マンション供給ランキング

不動産経済研究所発表の「全国マンション市場動向 2020年のまとめ」によれば、 2020年に全国で発売された新築マンションの供給戸数は、対前年比15. 2%減の5万9, 907戸に。コロナ禍の影響もあり1976年以来の低水準になりました。全国の平均価格は、前年比3.8%アップの4, 971万円。4年連続で最高値を更新しています。発表された2020年のマンション供給動向を紹介します。
マーケット情報

2021年1月度首都圏中古マンション成約数は、昨対比29.9%増

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2021年1月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。中古マンションの成約件数は前年同月比29.9%増加の3,480件となっています。2021年1月度の中古マンション動向を紹介します。
マーケット情報

2020年首都圏マンション供給は、12.8%減少の2万7228戸

不動産経済研究所発表の首都圏マンション市場動向-2020年のまとめ-によれば、年間供給戸数は前年比-12.8%の2万7228戸。コロナ禍の中において1992年以来の3万戸割れの供給戸数となりました。2020年の首都圏マンションデータを紹介します。
マーケット情報

2020年12月度中古マンション成約数が9.9%減少も価格は上昇

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2020年12月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。中古マンションの成約件数は前年同月比9.9%減少も成約平米単価は前年同月比で4.8%上昇。直近の首都圏中古マンション動向を紹介します。
マーケット情報

2021年首都圏新築マンション供給戸数は、3.2万戸に回復見込み

不動産経済研究所発表の『首都圏・近畿圏マンション市場予測 2021年の供給予測』によれば、2020年の新築マンション供給戸数は、前年比21.9%減少の2.44万戸。緊急事態宣言の下での営業自粛が響き下半期に回復したものの大幅減となりました。2021年の供給予測を紹介します。
マーケット情報

2020年11月度中古マンション好調継続 在庫減でバブル懸念は?

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2020年11月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。中古マンションの成約件数は11月としては機構発足以来最大の前年同月比14%アップの3,620件となっています。11月の中古市場動向を紹介します。
街のトレンド

2020年湾岸大規模マンション上昇度ランキングから見えるコト

マンションレビューというサイトのリセールバリューデータを参考に湾岸エリアの大規模マンションのリセールバリュー20%超の上位25位を紹介。そこから見えてくる価値あるマンションの条件を考察します。
マーケット情報

2020年10月度首都圏マンションは、供給大幅増 完売も相次ぐ

不動産経済研究所発表の2020年10月度の首都圏マンション市場動向によれば、供給戸数が前年同期比67.3%増加の3,358戸。大幅に供給戸数が増加する一方で、大規模マンションの完売も相次いでいます。新築マンション市場の動向を紹介します。
マーケット情報

2020年10月度中古マンション成約は大幅増 在庫は4万戸割れ

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2020年10月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。中古マンションの成約件数は10月としては機構発足以来最大の前年同月比31.2%アップの3,636件。在庫は、2015年12月以来の4万戸割れ。概況を紹介します。
マーケット情報

2020年9月度中古マンション成約価格は、前月比1.3% 上昇

公益財団法人東日本不動産流通機構より、 2020年9月度の首都圏不動産流通市場の動向について発表がありました。中古マンションの成約件数は前月とは一転し、前年比で7.3の減少となっています。一方で成約平米単価は前年同月比で4.1%上昇。価格の上昇トレンドが続いています。市場動向を紹介します。