住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計127本! 10万PV超 世界を広げ知識を深め理想の住まいを実現しよう‼

銀座のホテルで日帰りワークスペースが5千円台で実現

マーケット情報

マーケット情報

2019年7月のマンション供給戸数は、前年比マイナス35.3%

不動産経済研究所発表の「首都圏のマンション市場動向」によれば、2019年7月の首都圏新築マンションの発売戸数は、1,932戸で前年同月比35.3%減少。前月の2,259戸よりも14.5%のマイナス。2019年7月の首都圏マンションマーケット動向を紹介します。
マーケット情報

中古マンション価格が前年比で上昇 2019年6月のマンション市場

不動産経済研究所発表の「首都圏のマンション市場動向」によれば、2019年6月の首都圏新築マンションの発売戸数は、2259戸で前年同月比15.0%減少。契約率は65.9%と前月から5.9ポイントアップしています。中古市場とあわせマンション動向を紹介します。
マーケット情報

シティテラス東陽町が完売 2019年5月の首都圏マンション市場

不動産経済研究所発表の「首都圏のマンション市場動向」によれば、2019年5月の首都圏マンション発売戸数は、2206戸で前年同月比10.4%減少。契約率は60.0%と前月から4.3ポイントダウン。2019年5月の市場動向を紹介します。
マーケット情報

プラウドシティ越中島が完売 2019年4月の首都圏マンション市場

2019年4月度の首都圏新築マンション販売戸数は、前年同月比39.3%減少の1,421戸。契約率は、64.3%となっており前月よりもダウンしています。売れ行きの傾向など2019年4月の首都圏の新築・中古のマンション市場を振り返ります。
マーケット情報

津田沼ザ・タワーが完売 2019年3月マンション市場

2018年度が終わり2019年度が始まりました。新元号も令和になることが4月1日発表されました。マンション市場では、引渡しが2019年10月1日以降の新築マンション価格が消費税10%に引き上げられています。3月のマンション市場を振り返ります。
マーケット情報

2019年公示地価は都心近郊が上昇!マンション供給の影響は大きい

平成31年地価公示が発表されました。三大都市圏以外の地方圏でも住宅地が平成4年以来27年ぶりに上昇に転じるなど、全国的に地価の回復傾向が広がっています。首都圏では、再開発が進む渋谷区を抑え台東区が上昇率トップに。その理由を考えます。
マーケット情報

価格は3.6%上昇 2019年2月の首都圏中古マンション市場

公益財団法人東日本不動産流通機構から2019年2月度の中古市場の動向が発表されました。公表データによれば、価格が弱含んだ1月と異なり堅調な動きを示しています。
マーケット情報

97%の地点が上昇 地価LOOKレポート発表

平成30年第4四半期(10月~12月)の地価LOOKレポートが発表されました。高度利用地等の地区について、四半期毎に地価動向を把握し先行的な地価動向を明らかにすることを目的としたレポート。上昇地区を紹介します。
マーケット情報

プラウドシティ大田六郷が完売 2019年2月のマンション市場

「街とマンションのトレンド情報局」では、首都圏を中心に定期的にマーケットのトレンドを振り返ります。2019年2月は首都圏の新築マンションの動向で値ごろ感のある好調物件をウォッチしてみました。
マーケット情報

首都圏中古マンション価格は、2012年から6年で35%の大幅上昇

公益財団法人東日本不動産流通機構から首都圏不動産流通市場の動向(2018年)が発表されました。首都圏の中古マンションの成約件数は4年ぶりに前年を下回ったものの高水準を維持。レインズのデータを基に2018年の中古市場を振り返ります。