住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計151本! 10万PV超 世界を広げ知識を深め理想の住まいを実現しよう‼

「パークタワー勝どきミッド」のモデルルーム探訪

「パークタワー勝どきミッド/サウス」の注目理由 モデルルーム探訪

「パークタワー勝どきミッド/サウス」の完成予想模型 マンション探訪記
「パークタワー勝どきミッド/サウス」の完成予想模型

大江戸線「勝どき」駅へ地下通路で直結する「パークタワー勝どきミッド/サウス」の事前案内会がスタートしました。事前反響件数が、9月8日時点で8000件を超えており来場予約もかなり埋まっている模様。モデルルームを訪ね、「パークタワー勝どきミッド/サウス」の注目ポイントを紹介します。

GRAND MARINA TOKYO  駅直結・商住複合大規模再開発が始動

「パークタワー勝どきミッド/サウス」の完成予想模型 ミッドのエントランス側

「パークタワー勝どきミッド/サウス」の完成予想模型 ミッドのエントランス側

「パークタワー勝どきミッド/サウス」は、中央区勝どき二丁目・四丁目にて進められている「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」内の勝どき駅直結・商住複合大規模再開発プロジェクトです。ミッドが、総戸数 1121 戸、販売総戸数 570 戸、事業協力者住戸 551 戸。サウスが総戸数 1665 戸、販売総戸数 1109 戸、事業協力者住戸 556 戸。再開発プロジェクトであり地権者住戸が多くなっています。

勝どき駅に地下通路で直結するだけでなく、マリーナ(水辺)に面していることが特徴で東京湾岸エリアで駅直結と水辺に面したロケーションでこれだけのスケールは早々出会えないプロジェクトと言えるでしょう。開発街区は、「GRAND MARINA TOKYO」という呼称になります。

「パークタワー勝どきミッド/サウス」のプレゼンテーション

「パークタワー勝どきミッド/サウス」のプレゼンテーション

駅からの地下通路を通って地下のエントランスへ。各住戸からは、エレベーターとエスカレーターで結ばれます。エレベーターは、乗り換えなしで住戸へアクセスできるので移動もスムーズです。

また、地下1階にはコンビニエンスストアがオープンする予定。仕事帰りに買い物も気軽にできます。さらに1階から3階にはスーパーマーケットやクリニックモール、保育所、スポーツアリーナ、飲食店が入る予定。日常生活が足元で完結する快適な暮らしが実現できそうです。

「パークタワー勝どきミッド/サウス」のプレゼンテーション

「パークタワー勝どきミッド/サウス」のプレゼンテーション

そして、最も魅力に感じるのが植栽や照明でデザインされた1階部分のオープンスペース。ミッドとサウスの間に水景、セントラルラグーン(噴水広場)を設けサウスの敷地コーナーには、芝生が広がるグラスパークも。南東側には、お店を結ぶショップデッキ、水辺には護岸公園が整備されます。対岸に向けて橋が整備され、街区が完成しているドゥ・トゥール側の水辺にも往来できます。

「パークタワー勝どきミッド/サウス」の完成予想模型 中央がセントラルラグーン

「パークタワー勝どきミッド/サウス」の完成予想模型 中央がセントラルラグーン

地下に駐車場を設けることでオープンスペースが広い潤いある環境に。敷地外構には、照明が施され夜にはライトアップ。まさにリゾートホテルの趣きです。

「パークタワー勝どきミッド/サウス」の完成予想模型 

「パークタワー勝どきミッド/サウス」の完成予想模型

建物は、基礎免震構造採用でミッドが鉄筋コンクリート造地上 45 階地下 2 階建て、サウスが鉄筋コンクリート造地上 58 階地下 3 階建て。世界的に活躍するホシノアーキテクツ / ホプキンスアーキテクツ 日本代表の星野 裕明氏が担当した建物のデザインは、とてもシンボリックで超高層マンションが並ぶ湾岸エリアの中でも際立っています。

「パークタワー勝どきミッド/サウス」のプレゼンテーション

「パークタワー勝どきミッド/サウス」のプレゼンテーション

共用施設は、ゲストルーム以外はミッドとサウスで相互利用が可能となっています。3階までがショッピングエリア、4階から7階がオフィスフロア、8階がコモンスペースで住戸は9階以上となります。

8階のウェルカミングラウンジは、水辺とセントラルラグーンを眺めつつ寛げるスペース。さらにスタディラウンジやシアタールーム、フィットネススタジオ、多目的スタジオなど多彩な共用施設が利用できます。

また、ミッド棟3階には、約 300 ㎡のコワーキングスペースを設置。個室ブースもあり8:00~22:00 の間、自由に利用可能。オフィスと遜色のないワークスペースとしてご利用できます。

3タイプのモデルルームを用意 ミッドから11月に販売スタート予定

「パークタワー勝どきミッド」から先行して販売がスタートする予定で間取りは1K~3LDK。専有面積は25.05㎡~153.05㎡。メニュープランも用意されておりバリエーションが豊富です。

モデルルームは、M-74Csタイプ、M-111Anwタイプ、M-134Asタイプ(一部を再現)の3タイプ。9階~41階がSuperior floor、42階・43階がExective floor、44階・45階がPremium floorとなっていてそれぞれの仕様になっています。

リビングの天井高は、それぞれ約2.65m、約2.8m、約3.2mとタワーレジデンスの中でも十分確保されています。各モデルルームに足を運ぶとその開放感が実感できます。

M-74Csタイプのモデルルーム。専有面積は、74.88㎡

M-74Csタイプのモデルルーム 専有面積は、74.88㎡

タワーレジデンスで、ワイドフロンテージのフォルムなのでワイドスパンの住戸が多いのが間取りの特徴です。上の写真は、M-74Csタイプのモデルルーム。リビングを拡げるなど基本プランからカスタマイズしていますが、明るくすっきりした印象です。

M-74Csタイプのモデルルーム。専有面積は、74.88㎡

M-74Csタイプのモデルルーム。専有面積は、74.88㎡

天井高も十分確保されているので、2LDKでもゆとりを感じます。

M-111Anwタイプのモデルルームは、専有面積111.35㎡と広く天井高が約2.8mとさらに開放的。折り上げ天井で一層ゆとりを感じます。

M-111Anwタイプのモデルルーム 専有面積は、111.35㎡

M-111Anwタイプのモデルルーム 専有面積は、111.35㎡

北西角の高層階になるので、銀座や築地方面の景色が楽しめます。

M-111Anwタイプのモデルルーム 専有面積は、111.35㎡

M-111Anwタイプのモデルルームのキッチン

M-134Asタイプのモデルルームは、星野 裕明氏によるコーディネートとのこと。予定価格(45階)では、2億8000万円台(1千万円単位)予定ですからスタイリッシュなコーディネートはとても参考になります。

M-134Asタイプのモデルルーム

M-134Asタイプのモデルルーム

 

第1期の予定販売坪単価は、420万円台。住戸は9階以上の部分で地権者住戸は中・低層階に多いため価格表を見るともう少しリーズナブルな印象です。現状の販売予定住戸は第1期から高層階などの条件の良い住戸が多くなっています。

 

参考:予定価格表(9月4日時点)から27階~41階部分を抜粋 ※価格は予定価格です。変更になる可能性があります。

西南角 専有面積89.54㎡ 89Asw(’)タイプ 27階 10,950万円 ~ 41階 11,520万円
西中  専有面積64.22㎡ 64Bwタイプ  27階  7,570万円 ~ 41階 8,740万円
西北角 専有面積92.59㎡ 92Anwタイプ  27階 12,390万円 ~ 41階 12,960万円
北中  専有面積69.35㎡ 69An(’)タイプ  27階  8,690万円 ~ 41階 9,100万円
北西中 専有面積56.89㎡ 56Bnw(’)タイプ 27階  7,360万円 ~ 41階 7,650万円
北西中 専有面積71.13㎡ 71Bnw(’)タイプ 27階  8,980万円 ~ 41階 9,330万円
北東中 専有面積69.66㎡ 69Ce(’)タイプ 27階  8,330万円 ~ 41階 8,980万円
南東中 専有面積74.88㎡ 74Bseタイプ  27階  9,170万円 ~ 41階 9,540万円
南東中 専有面積71.64㎡ 74Dse(’)タイプ 27階  8,570万円 ~ 41階 8,930万円
南角  専有面積101.16㎡ 101Asタイプ 27階  12,270万円 ~ 41階 12,890万円
南中  専有面積74.88㎡ 74Dsタイプ  27階  8,870万円 ~ 41階 9,240万円
南中  専有面積64.35㎡ 64Cs(’)タイプ  27階  8,090万円 ~ 41階 8,420万円

※物件情報は、公式ホームページおよび販売センターでご確認ください。

《パークタワー勝どきミッド/サウス》 物件概要   2020年9月11日時点
【所 在 地】 ミッド:東京都中央区勝どき 4 丁目 1501 番地(地番) サウス:東京都中央区勝どき4 丁目 1500 番地(地番)
【交 通】 ミッド:都営大江戸線「勝どき」駅徒歩 1 分 サウス:都営大江戸線「勝どき」駅徒歩 2 分
【総 戸 数】 ミッド:総戸数 1121 戸、販売総戸数 570 戸、事業協力者住戸 551 戸 サウス:総戸数 1665 戸、販売総戸数 1109 戸、事業協力者住戸 556 戸
【敷地面積】 ミッド:10,712.20 ㎡、サウス:12,015.18 ㎡
【延床面積】 ミッド:138,312.00 ㎡、サウス:180,827.74 ㎡
【建築面積】 ミッド:4,745.85 ㎡、サウス:4,300.00 ㎡
【構造/建物階数】 ミッド:鉄筋コンクリート造地上 45 階地下2階 サウス:鉄筋コンクリート造地上 58 階地下 3 階
【売 主】 ミッド:三井不動産レジデンシャル株式会社、清水建設株式会社 サウス:三井不動産レジデンシャル株式会社、鹿島建設株式会社
【施 工】 ミッド:清水建設株式会社、サウス:鹿島建設株式会社

《パークタワー勝どきミッド》第1期1次 物件概要
【販売戸数】未定
【予定販売価格】3,600万円台~34,900万円台 ※100万円単位
【予定最多価格帯】9,000万円台 ※100万円単位
【間取り】1K~3LDK
【専有面積】25.05㎡~153.05㎡

 

【編集後記】

「パークタワー勝どきミッド/サウス」の魅力は、拠点性の高いロケーションです。銀座や汐留エリアに近いだけでなく、再開発が進む虎ノ門エリアにも近接。「勝どき」にも停車するBRTが開通すればアクセスも今まで以上にスムーズに。また、築地市場跡地など開発余地があるエリアも身近。将来性の高い立地といえるでしょう。

加えて、免震構造を採用し空地率約50%のゆとりのランドスケープ、リビング・ダイニングの天井高の確保したワイドスパンなど住戸プランも魅力的です。

駅直結の大規模タワーと言えば、「ザ・タワー 横浜北仲」「パークコート文京小石川 ザ タワー」など売れ行き好調な物件が目立ちます。「パークタワー勝どきミッド/サウス」も注目度が高いだけに、多くの来場者を集めるのではないでしょうか。

入居時期はサウス、ミッドともに2024年4月下旬入居予定と先ですが、早々出会えない魅力的なプロジェクト。11月にスタート予定の第1期の動向にも注目したいと思います。

 

※本記事は、2020年9月8日に筆者が取材したものであり、物件情報に関しましては公式HPなどでご確認ください。

【関連記事】

駅直結再開発「パークコート文京小石川 ザ タワー」が選ばれる理由

令和を代表するタワーに 「ザ・タワー横浜北仲」圧巻の共用空間

駅直結「パークタワー勝どきミッド/パークタワー勝どきサウス」