住まい選びに役立つ『街とマンションのトレンド情報』を写真付で詳しく紹介します

記事本数計196本! 20万PV超 世界を広げ知識を深め理想の暮らしを実現しよう‼

「パークコート千代田四番町」番町エリア最大敷地の168邸

グッドデザイン賞2020年 受賞マンション 「床快full」など

2020年グッドデザイン賞100に選ばれた集合住宅 [FLATS WOODS 木場](竹中工務店) ニュース&トピックス
2020年グッドデザイン賞100に選ばれた集合住宅 [FLATS WOODS 木場](竹中工務店)

2020年の『グッドデザイン賞』が発表になりました。『グッドデザイン賞』とは、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度。50年以上にわたり、「よいデザイン」を顕彰し続けています。

2020年のグッドデザイン賞のテーマは、「交感」です。

「大きな変化が起きる状況の下で、個の力だけではなく既存の業界やスケール、コトやモノの枠を超えた大きなうねりが必要だと考えます。感覚や感性、感動が交わることで世界中の社会・人に必要なデザインが生み出されると強く感じます。」2020年グッドデザイン賞公式ホームページの審査副委員長 齋藤 精一氏のメッセージ

こうした中で、

●共働き世帯への食支援活動 [月夜のキッチン]・・・三井不動産レジデンシャル、三井不動産レジデンシャルサービス、RISDesign&Management 【左側:受賞内容 右側:主な受賞主体企業以下同じ】
●住民・店舗主体の「街そだて」の仕組み [一般社団法人幕張ベイパークエリアマネジメント(B-Pam)]・・・一般社団法人幕張ベイパークエリアマネジメント、三井不動産レジデンシャルほか
●集合住宅の修繕費用低減とリニューアル提案 [アトラクティブ30]・・・野村不動産
●太陽光でお湯を沸かすZEH-Mスキーム 「ソレイユ」・・・三菱地所レジデンス、近鉄不動産
●スマートフォン用アプリ [購入者向け公式アプリ「住まいのアプリ」]・・・日鉄興和不動産

など、様々な企業の提案が、グッドデザイン賞を受賞しています。

『床快full(ゆかいふる)』が、グッドデザイン賞ベスト 100 に選出

その中で、野村不動産が事業主体となった『床快full(ゆかいふる)』(中~大規模集合住宅関連のサービス、システム/HEMS)が、グッドデザイン賞ベスト 100 に選出されています。

『床快full(ゆかいふる)』の概要図

『床快full(ゆかいふる)』の概要図

(審査委員のことば)
マンションでの省エネ・省CO₂化を目指す、新しい床空調システムの取り組みである。このタイプの商品は、設備機器が特殊でイニシャルコストが高くなる傾向があるが、床快 full は、1台のビルトインエアコン(汎用品)と全熱交換器で床から住戸全体の空調をまかなう。シンプルな空調システムと、温度制御や快適さの標準化を両立させる技術は、時間とエネルギーを要する開発だったと想像される。高気密・高断熱・二重床というマンションの特長を生かした本件は、コストやメンテナンスの問題を解決したことで、さらに一般化できる道筋がついていると思う。すでに 1000 戸以上の実績もあり、今後ますます拡充する期待を込めて今回の受賞となった。

『床快full(ゆかいふる)』は、プラウドタワー亀戸クロス、プラウド文京ヒルトップ、プラウド高田馬場で既に導入されています。

【関連記事】 サンストリート亀戸跡地複合開発「プラウドタワー亀戸クロス」

 

集合住宅としては、「FLATS WOODS 木場」で竹中工務店がグッドデザイン賞100を受賞しています。こちらは、高層木造建築の可能性を実証した252戸の単身寮の賃貸住宅。日本の厳しい耐火・耐震性能要求に適合させる設計を実施しています。

「FLATS WOODS 木場」のエントランス

「FLATS WOODS 木場」のエントランス

都市における高層木造建築を可能にする耐火設計と木造部材の開発によって実現したプロジェクト。実際に現地を訪ねた印象は、街路樹と調和して優しい景観をつくっています。持続可能な社会へ世界的に木材への関心が高まっており、今後普及が進むかもしれません。

また、共働き世帯への食支援活動「月夜のキッチン」(三井不動産レジデンシャルほか)では、増加する共働き世帯の食を応援するプロジェクト。共働き世帯においては、家事時短のニーズが高く、 “料理”を負担と感じる方が多いという調査結果をもとに、平日 17 時から 20 時に三井不動産グループで管理するマンションの空地へキッチンカーを誘致。すまいの視点から“料理”に対する課題解決を目指した取り組みが評価されました。

キッチンカーの出店者側にはランチ時を上回る収益をもたらすことなど、キッチンカー業界の常識を覆した市場開拓としても注目されました。

プラウド上原フォレスト、Brillia Tower 上野池之端などが受賞

プラウド上原フォレストの建物写真

2020年グッドデザイン賞を受賞したプラウド上原フォレストの建物写真

近年、新築分譲マンションの供給戸数は、全国的に減少していますが2020年も数多くのマンションが受賞しています。1984年築の建物を増築し新たな邸宅にした「プラウド上原フォレスト」などの再生プロジェクトの受賞も近年目立っています。

主な受賞マンションを紹介します。

プラウド上原フォレスト・・・野村不動産
プラウドシティ仙台上杉山通・・・野村不動産
プラウド港北センター北・・・野村不動産
プラウドシティ東雲キャナルマークス・・・野村不動産
ザ・パークハウス 神戸タワー・・・三菱地所レジデンス
hitoto 広島 The Tower・・・三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル、JR西日本プロパティーズ株式会社、トータテ都市開発、広島電鉄株式会社
ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ・・・三菱地所レジデンス、近鉄不動産
Brillia City 千里津雲台・・・東京建物
Brillia Tower 上野池之端・・・東京建物
セントラルレジデンス笹塚・・・住友不動産
グランドヒルズ元麻布・・・住友不動産
レ・ジェイド辻堂東海岸・・・日本エスコン
グラン レ・ジェイド等々力・・・日本エスコン
パークコート浜離宮ザ タワー・・・三井不動産レジデンシャル
アネシア本山 THE GRAND RESIDENCE・・・トヨタホーム
アトラス品川中延・・・ 旭化成不動産レジデンス、首都圏不燃建築公社
ディアナコート 目黒祐天寺・・・モリモト
一条タワー・・・一条工務店
イニシア横浜桜木町・・・コスモスイニシア
リアージュ砧テラス(リノヴェーション)・・・リビタ
ワザック大田・鵜の木・・・日本ハウスホールディングス
シエリア京都山科・・・関電不動産開発
ローレルスクエア健都ザ・レジデンス・・・近鉄不動産、大和ハウス工業、名鉄不動産
ジオ柏の葉キャンパス・・・阪急阪神不動産
グランドメゾン浄水ガーデンシティ フォレストゲート・・・積水ハウス、三菱地所レジデンス、福岡商事、西部ガス興商
シーンズ塚口・・・大阪ガス都市開発、近鉄不動産株、阪急阪神不動産
プレミスト志村三丁目・・・大和ハウス工業
クリオ片瀬江ノ島・・・明和地所
ドレッセ横浜十日市場・・・東急、東急不動産、エヌ・ティ・ティ都市開発
クレヴィア横濱弘明寺・・・伊藤忠都市開発
ルネ横浜戸塚 ザ・ルーフ・・・総合地所
ザ・タワーズフロンティア札幌・・・大和ハウス工業、大京、北海道瓦斯、住友不動産

このほか、「渋谷フクラス」など街再生のプロジェクトの受賞も目立ちました。

【渋谷フクラス 審査員コメント抜粋】
複合ビルの多くは、多用な機能を肉包しつつもそれが感じられないデザインとなっているものが多い。ところがこの施設では、未統合のまま一つの建築を造ることで、複合施設の新たなデザインボキャブラリーを創り出している点が面白い。圧巻は屋上。空調機械と飲食店舗が同居しているような空間は、映画のセットのようで非常に魅力的なデザインとなっている。

「渋谷フクラス」の外観

「渋谷フクラス」の外観

グッドデザイン賞は、コロナ禍の環境の下でも昨年度とほぼ同数の1395件のデザインが受賞しました。このあとグッドデザイン・ベスト100の中から、さらに2020年度グッドデザイン大賞・金賞・グッドフォーカス賞が決定される予定です。

受賞された皆様、おめでとうございました。良いデザインが広がって、持続可能でより良い社会が実現する未来になればと思います。

【関連サイト】(外部リンク)
グッドデザイン賞 オフィシャルホームページ

(2020年10月4日 写真追加)